横浜線沿線散歩公園探訪
町田市本町田
−町田えびね苑−
紫陽花の咲く町田えびね苑
June 1999
現況と異なる内容を含んでいます
町田えびね苑の紫陽花
町田えびね苑の紫陽花
その名が示すように多数のエビネが植えられていることで有名な町田えびね苑だが、紫陽花が見事なことでも知られている。原則としてエビネの開花期のみ開苑の町田えびね苑も紫陽花の季節には例外的に入園料無料で開苑している。この時期の開苑区域は芝生の広場からその北側の斜面近辺のみに限られており、エビネの植えられている林や池の周囲は立入禁止区域になっている。もちろん紫陽花が見られるのは解放されている区域だ。

北側の券売所から芝生の北側の斜面にかけての紫陽花は特に見事で、斜面全体が紫陽花で覆われ、四阿は紫陽花の花の中に埋もれてしまったような印象になる。散策路を歩けば紫陽花のただ中を分け入ってゆくようだし、四阿あたりの高みから斜面の下方を見下ろす時の景観も辺り一面が紫陽花に覆われて見事だ。鎌倉街道沿いの北入口付近も紫陽花が多く、また北入口から券売所へ至る小径の途中にも紫陽花で覆われた一角があって楽しめる。時期をうまく合わせて薬師池公園の花菖蒲紫陽花とともに楽しむとよいだろう。
追記 町田市では2014年度(平成26年度)から薬師池公園とその周辺を一つの大きな地域公園として捉え、「町田薬師池公園 四季彩の杜」の名称で整備を進めている。それに伴い、「町田えびね苑」は「町田薬師池公園 四季彩の杜 南園」に、他もそれぞれに呼称が改められている。本頁の内容はそれ以前のものであることもあり、以前の呼称のままにしておきたい。
町田えびね苑の紫陽花