横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市青葉区藤が丘
藤が丘公園
May 2008
藤が丘公園
横浜市青葉区藤が丘二丁目、東急田園都市線藤が丘駅の西側に藤が丘公園がある。藤が丘の住宅街の中に位置する公園だが、園内には木々が茂り、小さいながらも池を抱えている。
藤が丘公園
藤が丘公園は道路に囲まれて三角形をしており、東が細く、西が広い。斜面の立地で、南側が高く、北側が低い。そのほぼ中央に池を抱えている。池はそれほど大きなものではないが、木々に包まれるように横たわる様子はなかなか良い風情がある。釣りを楽しむこともできるようで、訪れた時にも数人の人たちが岸辺に腰を据えて釣り糸を垂らしていた。注意書きがあり、投げ釣りやルアーは禁止とのことだった。池の東側の岸辺には木製のデッキが設けられており、デッキに立てば水辺を間近に見ることができて楽しい。池は北東側の角から小川となって細長く東に延びている。季節柄、岸辺近くでキショウブが花を咲かせていた。

藤が丘公園
池の西側には小さな広場があり、滑り台やブランコ、シーソー、鉄棒、砂場など、小さな子どもたちのための遊具が置かれている。それほど特徴的な遊具があるわけではないが、近くに暮らす子どもたちのための遊び場としては充分なものだろう。訪れたときにも近所の子どもたちがお母さんに連れられて遊んでいた。その南側の林の中にはターザンロープも設置されていたから小学生くらいの子どもたちも楽しめるに違いない。

園内は南に行くほど高くなる斜面で、南側には林が残っている。その様子はこの辺りが住宅街に姿を変える前の風景を彷彿とさせるものだ。木々の間を縫って散策路が辿っている。散策路を歩けば木々の間に池が見え隠れし、小規模ながらも雑木林散策を楽しめる。歩いていると、小径脇に「地下水位観測施設」というものを見つけた。鶴見川流域内の地下水位を測るものだそうだ。地盤沈下などの調査に用いられているものらしい。
藤が丘公園の面積は1.5haほどで、決して大きな公園とは言えないが、その中には池があり、林が残り、各種遊具類が置かれ、なかなか充実した公園という気がする。トイレも設置されており、近くに暮らす人たちの憩いの場として、子どもたちの遊び場として充分なものだろう。すぐ北側には東急田園都市線の線路が通っているから電車が走り抜ける時には少しばかりうるさいが、周囲の道路は交通量がそれほど多くなく、公園内は比較的静かだ。駐車場は無いが、公園脇の道路にコインパーキングが設置されており、これを利用するといい。
藤が丘公園