横浜線沿線散歩公園探訪
多摩市貝取
貝取北公園
June 2000
貝取北公園
多摩市貝取の街の中央部あたり、鎌倉街道に面する貝取北公園は芝生の広場が魅力的な公園だ。緩やかな起伏を伴う芝生の広場はかつて造成まえの多摩丘陵の地形を彷彿とさせる。公園のすぐ東には交通量の多い鎌倉街道が通るが、公園は道路からは高台となっており、車の騒音なども気にならない。

貝取北公園
公園の西側には貝取の街の住宅街が広がっているが、東側は眼下に鎌倉街道を見て、その向こうに永山の街が広がっている。遠方までの眺望が楽しめるというわけではないが、視界は広く開けて開放感に溢れている。広場には適度な木立があって景色にアクセントを添え、木陰に腰を下ろして広場を渡る風に吹かれるのも爽快な気分だ。広場には野鳥の姿も多く、双眼鏡を構えて観察する人を見かけたこともあった。

その大部分を芝生の広場が占める公園だが、北側にはテニスコートが併設され、その横にはフィールドアスレチック風の大型遊具を設置した遊び場があり、近所の子どもたちの遊ぶ姿がある。子ども連れのお母さんたちのグループが芝生の広場の木陰にシートを広げ、ランチタイムのひとときをのんびりと楽しんでいる姿も目にすることがある。

特に特徴のある公園というわけでもなく、住宅街の中のくつろぎの場としての性格だが、例えばお昼時にこの近くに通りかかった際に、テイクアウトのランチを調達してこの公園に立ち寄り、木陰で風に吹かれながらランチタイムにするというのも、なかなか楽しいのではないかという気がする。

公園の西側の貝取の街には公園の延長のように遊歩道が延びており、南の貝取南公園や豊ヶ丘の街へと繋いでいる。公園の南東側の端には鎌倉街道を越えて歩道橋が永山へと渡っており、瓜生緑地の北端へと降りることができる。鎌倉街道からスロープによって進入する形で駐車場があり、数台分の駐車スペースがあるが、テニスに訪れた人の車によって満車状態になっていることが多い。
貝取北公園