横浜線沿線散歩公園探訪
相模原市中央区上溝
上溝中央公園
May 2015
上溝中央公園
相模原市中央区上溝六丁目の中央部、上溝高校の南側に上溝中央公園という公園がある。この辺りは上溝地区のほぼ中央部に当たるところで、公園の名もそれに由来するのだろう。面積2632平方メートル、広い公園とは言い難いが住宅地の中の街区公園としては比較的広い方かもしれない。

上溝中央公園
公園は基本的に広場だ。起伏の無い平坦な、土の地面の広場で、特筆するような設備は無く、周辺部にブランコや滑り台、鉄棒、砂場といった子どもたちのための遊具が備えられている。ジャングルジムも備えられているのは最近では珍しいかもしれない。北側の隅にトイレも設置されている。

広場は東西の二区画に分かれているが、元々の公園は東側の部分で、西側の部分は後から拡張された区域かもしれない。その二つの広場の境や、広場の北側外縁部には木々が並び、広場の端に適度に木陰を落としてくれている。

今回、公園を訪れたのは五月半ばの日曜日の昼下がり、園内には小学生くらいの男の子のグループと小さな子どもを連れた若いお母さんの姿があった。周辺は住宅地、交通量の多い道路からは少し距離があり、北側の上溝高校も日曜日でお休み、公園には静かな時間が流れていた。
上溝中央公園