横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市上柚木
−上柚木そよかぜ公園−
桜咲く上柚木そよかぜ公園
April 2015
桜咲く上柚木そよかぜ公園
上柚木そよかぜ公園は上柚木三丁目の町に暮らす人たちのための小さな公園だが、園内には数本のヤマザクラがあり、春には美しい景観を見せてくれる。
桜咲く上柚木そよかぜ公園
上柚木そよかぜ公園の遊具横や広場の脇にはヤマザクラの木が植えられている。初夏から秋にかけては葉を茂らせて緑の潤いを与えているが、開花の季節を迎えれば春爛漫の景観を見せる。上柚木そよかぜ公園の北東側には舗道を挟んで愛宕小学校があるが、その舗道脇にはオオシマザクラが咲き、これも魅力的な春の景色だ。公園東側の舗道脇には(何の品種なのかよくわからないが)ピンク色の花を咲かせる桜がある。まだ若木で小さいが、鮮やかな色彩が景観にアクセントを添えて美しい。

ヤマザクラは開花とほぼ同時に茶色の若葉が芽吹く。オオシマザクラは真っ白な花とほぼ同時に鮮やかな緑色の若葉が芽吹く。その景観はソメイヨシノとは違った味わいがある。ソメイヨシノのような絢爛な印象はないが、素朴な興趣があって、また違った美しさが感じられる。

桜の咲く公園では子どもたちの遊ぶ姿があった。子どもたちの乗ってきた自転車が広場の隅に置きっぱなしにされたままだ。穏やかな春の公園の風景である。
桜咲く上柚木そよかぜ公園桜咲く上柚木そよかぜ公園
桜咲く上柚木そよかぜ公園
上柚木そよかぜ公園横の舗道を南に100mほど辿ると、長久保歩道橋から西に延びてきた舗道に丁字路で交わって“交差点”を成し、円形の広場となったところがある。この広場脇にソメイヨシノが咲いていた。それほど大きな木ではないが、春の日差しを浴びて輝く様子がたいへんに美しい。その下では近所に暮らす親子だろうか、小さな子どもとお母さんの二人連れの姿があった。これもまた穏やかな春の光景である。
桜が咲いているとは言っても、上柚木そよかぜ公園は遠方からお花見に訪れるような性格の公園ではない。しかし住宅街の中に延びた舗道と舗道沿いに設けられた公園とが春の色に染まる様子はなかなか味わいのある風景だ。桜の季節に上柚木公園を訪れる機会があったら、足を延ばして散策してみるのも悪くない。
桜咲く上柚木そよかぜ公園