横浜線沿線散歩公園探訪
町田市金森
金森公園
April 2016
金森公園
町田市金森一丁目の町に「金森」の名を冠した「金森公園」という公園が設けられている。広場の中に遊具類を配した構成の、面積3000平方メートルほどの、小さな公園だ。
金森公園
金森公園はそのほぼすべてが草はらとなった広場だ。その中を舗装された園路がカーヴを描いて延び、南側の入口と北側の入口を繋ぐ。園路のカーヴをショートカットするように敷石による園路も設けられている。それらの園路脇に滑り台や鉄棒、砂場、小さな子どもたちのためのスプリング遊具などが配されている。遊具や必要最小限といった印象で、大型の複合遊具などは設置されていない。

公園は北と南、東の三方を道路が囲む。西側は住宅に接しているが、住宅との間には木立が設けられてうまく隔てられている印象だ。三方が道路だからか、住宅街の中の小さな公園としては比較的開放感のある公園と言っていい。広場の中央近くにはシンボルツリーのようにケヤキが植えられているが、園内に樹木はそれほど多くなく、それも開放感に繋がっているのだろう。視界が開けて園内の様子が常に人の目に晒される状態なのは、子どもたちの遊び場として安全面でも有利だろう。

荒れた印象が無く、端正な印象の公園だ。普段は近くの子どもたちの遊び場になっているのだろうと思うが、今回訪れたときには園内に人の姿はなかった。周囲の道路にも車の通行は少なく、静けさに満ちた時間が流れていた。
金森公園はあくまで近所に暮らす人たちのための憩いの場、遊び場としての役割を担う公園であり、他からの来訪者を迎えるような性格は皆無だ。公園の西には「金森山ふるさとの森」が近く、隣接していると言っていいが、直接の行き来はできないようだ。
金森公園