横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市子安町
子安公園
April 2003
子安公園
八王子市子安町四丁目の西端に子安公園がある。周囲は住宅街で、西の万町を抜ける国道16号線も近い。そうした町中の小公園に過ぎないが、樹木に囲まれた園内はのんびりとした空気に包まれ、地元の人々の憩いの場として親しまれている。
子安公園
公園の西側にはフェンスに囲まれた広場がある。フェンスは広場でボール遊びなどをする際にボールが出てゆかないように設置されているものなのだろう。広場は町内のお祭りなどに使用されることもあるようだが、普段は地元のお年寄りがゲートボールを楽しむ姿をよく見かける。東側には滑り台やジャングルジムなどの遊具を配した広場があり、地元の子どもたちの遊び場になっている。公園の北東側にはまるで公園の一部であるかのように子安保育園が隣接しており、園内には常に子どもたちの声が聞こえている。その子どもたちの声もまた、町中の公園の穏やかな風情を感じさせるようでもある。
典型的な町中の公園という様相だが、多種の樹木が育ち、その木陰に包まれるような風情が楽しい。かなり幹の太いケヤキなどもあって見事な姿を見せてくれる。子安公園はまた、三月の末から四月にかけて桜の美しい公園でもある。三月末から四月始めにかけてはソメイヨシノが、それが終わった四月半ばには枝垂れ桜が、その次には四月半ばから四月末にかけて八重のサトザクラが公園を彩る。

子安公園
枝垂れ桜がちょうど見頃となった四月半ばに訪れてみた。フェンスに囲まれた広場の北側の一角に、さまざまな樹木に混じって何本かの枝垂れ桜がある。下に立って見上げると、春の青空を背景に新緑の緑と枝垂れ桜のピンクとの取り合わせが美しい。公園の南側には山田川が流れており、川自体はあまり風情のあるものではないのだが、そのほとりに印象的に一本の枝垂れ桜がある。周りに他の樹木がないために桜の姿がよく見える。優美に垂れた枝々に咲くピンクの花は見とれてしまうほどの美しさだ。その桜を下を、保育園の子どもたちがお散歩に出かけて行く。穏やかな春の風景だ。
ごく普通の街の小公園で、遠方から目指してくるほどの特徴はないが、春の桜はなかなか見事だ。近くを散策する機会があれば、立ち寄ってみるのもいいだろう。トイレもあるから、散策途中の一休みにも便利かもしれない。
子安公園