横浜線沿線散歩公園探訪
町田市小山町
久保ヶ谷戸緑地
June 2012
久保ヶ谷戸緑地
橋本駅北口から北へ延びる道路を「久保ヶ谷戸通り」という。「久保ヶ谷戸通り」は橋本四丁目と五丁目の町の境を北へ向かい、境川を越え、町田街道と交差した後、「久保ヶ谷戸トンネル」というトンネルをくぐって北側の丘陵へ至る。この「久保ヶ谷戸トンネル」の真上は「久保ヶ谷戸緑地」という緑地になっている。久保ヶ谷戸緑地は3550uほどの面積を有しているが、そのほとんどは東側の谷戸へと向かう斜面になっており、立入りはできないようだ。

久保ヶ谷戸緑地
久保ヶ谷戸緑地の西側には丘の上を造成した住宅街があり、その住宅街へのアプローチの道路が久保ヶ谷戸トンネルのやや北側で久保ヶ谷戸通りから上がってきている。そのアプローチの道路脇も久保ヶ谷戸緑地の一部らしい。この部分は舗道が設けられており、小公園のような佇まいだ。と言うより、久保ヶ谷戸通りと丘上の住宅街とを徒歩で行き来する人のための緑道として機能しているようにも思える。

その緑地内の舗道脇には紫陽花が植えられている。もちろん決して大きくはない緑地の中の一部分であるから、紫陽花の数もそれほど多いわけではないが、紫陽花の並んだ舗道は素敵な散歩道の表情を持っている。今回訪れたとき(2012年6月)にはすべての紫陽花が咲き揃っているわけではなかったが、うまく咲き揃えば美しい景観を見せてくれるに違いない。
久保ヶ谷戸緑地