横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市めじろ台
めじろ台南公園
April 2004
めじろ台南公園
八王子市めじろ台三丁目の東南の端あたりに「めじろ台南公園」という小公園がある。その名が示すように京王線めじろ台駅を中心とした「めじろ台」の住宅街のほぼ南端にあたる立地で、南はすでに椚田町だ。周辺は住宅街で、東に抜け出ると「めじろ台グリーンヒル通り」が南北に延びている。この「めじろ台グリーンヒル通り」に沿った京王線めじろ台駅前から「椚田町」交差点までのあたり、ちょうどこの公園のあるあたりが、めじろ台から椚田町にかけての中心地といった佇まいで、お店なども多く並び、車の交通量も多い。公園はその通りから一歩引っ込んだところにあり、町中の喧噪からは少し隔たっているようにも感じられる。
公園は住宅街の中に長方形の敷地で横たわり、遊具類の置かれた円形の広場と何もない四角い広場を抱えている。住宅街の中の小公園というと広場の中にわずかばかりの木立と遊具を設置したようなものも少なくないが、この公園は木立が茂ってなかなか魅力的な空間を成しているように思える。

めじろ台南公園
東側の円形の広場には各種の遊具が置かれている。公園の規模から考えれば遊具類も充実していると言えるのではないかという気がする。小さな子どもが登ったり滑り降りたりして遊ぶことのできるコンクリート製の小さな「丘」、その「丘」と繋がる形で設置された金属製の複合遊具、その横手には象の形をした滑り台がある。もちろん長く延ばした「鼻」の部分が滑り台だ。その他にもブランコや砂場、水飲み場なども設置され、近所に暮らす小さな子どもたちのための遊び場としては充分なものではないかと思える。事実、訪れたときにも何組もの親子連れが遊んでいた。

公園の西側にも広場があるが、こちらは多目的に使えるように何も設置されていない。訪れた時には地元のお年寄りらしいグループがゲートボールを楽しむ姿があった。

その広場を木立が包んでいる。北側には遊歩道が東西に延び、木洩れ日を浴びながら散策を楽しむ人の姿もある。見上げれば新緑に輝くケヤキやサクラが美しい。時期はすでに過ぎていたが、遅咲きの八重桜の花もあって散策の目を楽しませてくれる。木々はソメイヨシノが多いようで、地元ではお花見の場所として親しまれているように聞く。次の機会にはソメイヨシノの咲き誇る時期に訪ねてみたい。
あくまで近辺に暮らす人たちのための公園であり、来訪者の立場では特筆すべきところはないが、近くを散策する機会があれば立ち寄ってみてもよいだろう。京王線めじろ台駅を起点に「めじろ台グリーンヒル通り」に沿って、近辺の公園やお店など巡っての散策もお勧めできる。季節に恵まれれば桜の花や新緑、紅葉などを楽しむことができるだろう。
めじろ台南公園