横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市みなみ野
みなみ野菖蒲谷戸公園
May 2009
みなみ野菖蒲谷戸公園
JR横浜線八王子みなみ野駅の南西側、みなみ野三丁目の町に「みなみ野菖蒲谷戸公園」という小公園がある。公園の名となった「菖蒲谷戸」は、現在のみなみ野シティが造成される以前の宇津貫町にあった谷戸の名に由来する。かつての菖蒲谷戸は宇津貫毘沙門天の南側で兵衛川に注ぐ支流に沿った谷戸で、そこから北西側へ、現在の子育てセンター方面へ向かって延びていた。現在の「みなみ野菖蒲谷戸公園」は北東側が低く、南西側が高い地形になっているが、この公園北東側の低地が、かつての「菖蒲谷戸」の名残である。

みなみ野菖蒲谷戸公園
公園は北東側の低地部と南西側の高台となったところにそれぞれ広場を置き、両者を繋いで散策路が延び、東側は斜面林になっている。北東側の広場は草はらで、道路に面しており、広さもそれほどではない。公園のメインとなるところは南西側の広場と言っていいだろう。南西側の広場は草はらではなく平坦な地面で、二つに分けて設けられている。片方には複合遊具が置かれているが他方には何も無く、おそらく地域のイベントなどにも使用できるように考えられているのだろう。広場にはベンチやトイレ、水飲み場、藤棚などが設けられている。外縁部には花壇があり、端正に整えられて花が咲いていた。

訪れたのは五月の半ば、園内のエゴノキが可憐な花を咲かせていた。公園は指定管理者制度を用いて管理がなされているようで、園内に荒れた印象はまったくなかった。当然のことながら公園に駐車場はなく、園内にも近辺にもお店はない。あくまで近隣に暮らす人たちのための憩いの場であり、子どもたちの遊び場としての役割を担う公園だと言えるだろう。他所から訪れる立場であれば、「菖蒲谷戸」の名を冠する公園として、みなみ野シティの中にかつての宇津貫町の面影を探す散策などの際に立ち寄ってみるといい。
みなみ野菖蒲谷戸公園