横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市神奈川区三ツ沢西町〜松本町
−三ツ沢せせらぎ緑道−
紫陽花の咲く三ツ沢せせらぎ緑道
June 2007
紫陽花の咲く三ツ沢せせらぎ緑道
横浜市神奈川区の南部、三ツ沢西町から松本町にかけての辺り、国道1号線に沿うように「せせらぎ」のある緑道が辿っている。「三ツ沢せせらぎ緑道」といい、滝の川の跡を整備したものという。緑道は市街地の直中とは思えないほど緑に溢れ、のんびりとした散策が楽しめる。緑道には随所に紫陽花が植栽されており、六月の花期には色鮮やかに緑道を彩る。

紫陽花の咲く三ツ沢せせらぎ緑道
「三ツ沢せせらぎ緑道」の紫陽花は、特に「ふれあい広場」や三ツ沢小学校の裏手の辺り、三ツ沢南町公園脇を抜ける緑道が合流する辺り、「今下橋跡」から「観音寺橋跡」にかけての区域で多く見ることができる。四阿を置いた「ふれあい広場」は小公園のように設えられた一角で、一休みを兼ねてのんびりとひとときを過ごすこともできる。三ツ沢小学校の裏手の紫陽花は、小学校の子どもたちが手入れをしているのかもしれない。この辺りは市街地の中の異空間のようにひっそりとしており、緑に包まれての散策が楽しいところだ。「今下橋跡」から「観音寺橋跡」にかけての区域では緑道は一般道の歩道のような様相となって少々風情には欠けるが紫陽花は多く、充分に魅力ある散策が楽しめる。

今回訪れたのは六月の末、今年(2007年)は紫陽花の開花が早く、残念ながら「三ツ沢せせらぎ緑道」の紫陽花は盛りの時期を過ぎていたようだった。満開の時期にはきっと素晴らしい景観になるだろう。緑道の西端に近い辺り、南側に豊顕寺という寺があり、寺林は「豊顕寺市民の森」として一般に開放されている。ここも紫陽花が美しく、併せて訪ねてみるとより楽しめるだろう。「豊顕寺市民の森」のさらに南には「三ツ沢公園」が隣接しており、園内の桜山と呼ばれる区画で少しばかり紫陽花の花が楽しめる。紫陽花の咲く時期に合わせて、それらを巡って散策を楽しむのがお薦めだ。
紫陽花の咲く三ツ沢せせらぎ緑道