横浜線沿線散歩公園探訪
町田市三輪緑山
三輪中央公園
April 2009
三輪中央公園
町田市三輪緑山のほぼ中央部、「三輪中央公園」がある。三輪緑山の町が住宅地として造成されたときに、ここに暮らす人たちのために造られた公園なのだろう。広場と林から構成された公園は、整然とした住宅街の中にほぼ正方形の形を成して横たわっている。

三輪中央公園

三輪中央公園

三輪中央公園
公園の北西側、三分の一ほどの面積を占めて木々の茂る林がある。林は少しばかり小高くなっており、その中を散策路が辿り、中央部には木々に包まれるようにして四阿が置かれている。林はなかなか鬱蒼としている。よくわからないが、住宅地として造成される以前の林を利用したものだろうか。

林の東側には小さな広場があり、ここには木製の複合遊具などが設けられている。近所の子どもたちの遊び場なのだろう。林を背負ってベンチも置かれており、地元の人がのんびりとくつろぐ姿がある。広場の外縁部にはハナミズキの木があり、季節柄、白や赤の花を咲かせている。

公園の南側は、公園の半分ほどを占めて草はらの広場だ。何も置かれていない原っぱは決して広いわけではないが、なかなか開放感がある。訪れたとき、原っぱの一角にはシートを広げたグループの姿があり、ボール遊びを楽しんでいた。地元の人たちが公園でのひとときを過ごしているのだろう。この原っぱの西側にはいわゆる「ターザンロープ」が設置されていた。訪れたときにはこれで遊ぶ子どもたちの姿はなかったが、普段は小学生くらいの子どもたちの良い遊び場であることだろう。

三輪中央公園はあくまで三輪緑山の町に暮らす人たちのための公園で、駐車場も設置されておらず、遠方から訪れて楽しむような行楽地的性格は皆無と言っていい。公園の東側を南に向けて延びる道路は「さくら通り」という愛称がある。八重桜の並木になっており、四月中旬の花期には美しい風景を見せてくれる。その八重桜並木を目当てに訪れた際に、三輪中央公園に立ち寄ってみるのもよいかもしれない。訪れるときには小田急線鶴川駅からバスを利用するといい。公園の北側に「三輪中央公園前」バス停がある。
三輪中央公園