横浜線沿線散歩公園探訪
町田市三輪緑山
三輪さくら通り公園
April 2009
三輪さくら通り公園
町田市三輪緑山の町の南端、「三輪さくら通り公園」という小公園がある。公園の北側から真っ直ぐに、三輪緑山の町のほぼ中央を貫くように八重桜並木の通りが延びており、その通りの愛称が「さくら通り」であることから、公園の名も「三輪さくら通り公園」となったのだろう。公園は町の南端部に当たり、公園の南側には鬱蒼とした樹林地が広がっている。実は公園の南側には背中合わせのように「こどもの国」が隣接し、公園南側の樹林地はそのまま「こどもの国」の外縁部の樹林地に繋がっている。公園はその樹林地を背負って横たわり、木々の中に小さな広場や四阿、遊具などを置く。

三輪さくら通り公園
公園は概ね西が高く、東に低い。最も西側の部分には小広場が設けられ、動物を象った遊具が置かれている。小さな子どもが乗って遊ぶのを想定したものと思われるが、この動物の遊具が何ともリアルで、“遊具”というより“オブジェ”のように存在感を放っている。動物はパンダや象、ライオン、虎など、小さな子どもたちでも知っているようなものが選ばれているが、可愛らしくデフォルメされているわけでもなく、実際の動物の姿をそのまま写し取ったようなリアルさだ。小さな子どもの中には恐がる子もいるのじゃないだろうかと余計な心配までしてしまう。

三輪さくら通り公園
動物の“オブジェ”を置いた広場の東端から地形の段差を利用して東側へ滑り台が設けられている。滑り台は全く同じものが二基、平行に並んで設けられているのが面白い。滑り台の途中には二カ所の平坦部分が設けられており、なかなか長い。滑り台の東側は疎らに木々の育った原っぱで、穏やかな空間を成している。原っぱの東端部分には四阿も設置されており、緑に包まれてのんびりとしたひとときを過ごすことができる。公園の最も東側は低地となって、そこに小さな野外ステージのようなものが設置されている。地域のイベントなどに利用されるのだろう。

公園は樹林地を背負って緑濃く、町中の喧噪からも離れて静かだ。遊具は動物の“オブジェ”と滑り台くらいしか置かれていないようだが、地域に暮らす子どもたちの遊び場としてはよいところだろう。町の端という立地のせいか、訪れたときには園内で遊ぶ子どもたちの姿もなく、公園全体に少し寂しげな印象があったのは残念なところか。
三輪さくら通り公園