横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市青葉区恩田町
奈良熊ヶ谷小川アメニティ
September 2004
奈良熊ヶ谷小川アメニティ
横浜市青葉区恩田町の西部一帯は、南にあかね台、北には奈良の住宅街が広がり、周囲がすっかり市街化してしまった中に、ひっそりと里山の緑を残している。その北端に昔ながらの谷戸の風景のままに沢や池などを残して整備された一角がある。北には奈良二丁目、奈良三丁目の住宅街が迫っており、ちょうどその町の境に位置している格好だ。「奈良熊ヶ谷小川アメニティ」という名であるらしい。「アメニティ」とは「amenity」と書き、主に都市計画の分野で多く使われる言葉で、環境の快適さのことを言う。熊ヶ谷はこのあたりの谷戸を指し示す名だったのだろう。このすぐ西側には古墳時代の横穴墓が発見された場所があり、非公開だが「熊ヶ谷横穴墓群」として残されている。
奈良熊ヶ谷小川アメニティ
「奈良熊ヶ谷小川アメニティ」は「小川」の名が示すように、谷戸の湧き水が作る沢や池を中心に、その周囲の自然を残し、遊歩道などを整備したものだ。「整備」とは言っても、もちろん自然の保全ということに主眼を置いたもので、必要以上に手を加えられてはいない。北側には奈良二丁目、三丁目の住宅地が迫るが、南側は鬱蒼とした里山の雑木林が間近に迫る。残された沢や池の佇まいは川の源流域の様相を見せ、そこにはホトケドジョウやカワニナ、オニヤンマといった、東京近郊ではすっかり珍しくなってしまった生き物たちの姿を見ることができるという。

東端部分では周囲が開けて、南側に雑木林の丘に囲まれた谷戸の風景が広がる。沢の脇にはベンチなども置かれ、公園らしい佇まいに整備されている。ベンチに腰を下ろしてのんびりと谷戸の風景を眺めていると、すぐ間近に真新しい住宅地が迫っていることを忘れる。沢はさらにそこから東へ流れているようだが、その先は遊歩道はなく、沢沿いに下ってゆくことはできない。
規模の点で言えば決して大きくはない「奈良熊ヶ谷小川アメニティ」だが、周囲が次第に住宅地となってゆく中でその存在意義は大きい。「奈良熊ヶ谷小川アメニティ水辺愛護会」がその整備と保全に尽力されているらしい。美しい街並みに姿を変えた奈良の住宅街に暮らす人たちにとっても、この沢を取り巻く自然はオアシスのような場所であるかもしれない。
奈良熊ヶ谷小川アメニティ