横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市青葉区奈良
奈良山公園
May 2006
奈良山公園
横浜市青葉区奈良一丁目に「奈良山公園」がある。公園はほぼ南北に長い長方形をしており、東南側の一角を雑木林の丘が占め、その西側と北側に広場が設けられている。1997年(平成9年)に開園した公園で、3.8haほどの面積は特筆するほど広大なものではないが、住宅街の中の地区公園としては充分に広い。公園西側の一帯は新興の住宅街で、整然として美しい街並みが広がっている。公園東側は奈良川河岸の低地で、東急こどもの国線が間近に通っており、公園のすぐ北側に「こどもの国」駅がある。
奈良山公園

奈良山公園
公園の位置する「奈良一丁目」は1996年(平成8年)の土地区画整理事業によって誕生したものだ。以前は「奈良町」の一部だった。かつては雑木林の丘陵地帯で、その中に畑地が横たわるような長閑な風景の広がる地域だったのだが、今ではすっかり様変わりし、昔の風景を探すのも難しくなった。公園内に残された雑木林は、この地域が住宅地に変貌する以前の風景を今に伝えるものと言っていい。

雑木林の丘には散策路が設けられているが、昔からの小径に柵などを設けて最小限の整備の手を加えただけのように見える。雑木林の丘は南北に尾根が走り、それに沿って尾根道が辿る。尾根道を歩けば街の喧噪も遠のき、住宅街の中の公園内であることを忘れて、昔のままの里山を歩いているような錯覚さえ感じる。木々の隙間から東西の風景が眼下に見え隠れし、丘がなかなかの高所であることがわかる。尾根道の北へ抜けると丘の北端には展望所が設けられている。展望所からは公園北側の広場と、その向こうにこどもの国方面の景観を眺望する。
奈良山公園

奈良山公園
公園北側の広場はなかなかの広さがある。平坦に造られた広場で、地域のイベントの会場などにも使用することを前提にしているのだろう。外縁部に沿って舗道が辿り、随所に木立を配し、ベンチが設けられている。散策の途中なのか、ベンチに腰を下ろして一休みしている人の姿もある。公園の東側が低地で視界が開けているために広場は開放感に富んでおり、のんびりと風に吹かれながらの散策が楽しい。舗道はさらに雑木林の東側へ辿り、公園南側を経て西側へ至り、結果的に公園を一巡りする。舗道は随所で外部と繋がっており、公園内を抜けて行き来する人の姿も少なくない。

その広場の一角、雑木林の丘の西北端の部分に、ひときわ目を引く構造物がある。円柱の上部に、多層にリングが載せられている。リングは上のものほど大きく、基本的な形状としては「漏斗」を思わせるものだが、層を成したリングが少しばかり近未来的な印象をもたらす。何を象ったものだろうか。その形状の「円柱」が数本並び、最も大きなものはその「屋上」部分に上がることもできる。層を成して載せられたリングは、実は「層を成す曲面の帯」とでもいうようなモチーフの一部であるらしく、丘の崖面も同じコンセプトで造られている。この構造物のもたらす印象はかなり強烈なものがあり、結果的にこれが「奈良山公園」のシンボルとなっていると言っていい。
奈良山公園

奈良山公園
その印象的な構造物を回り込んで、雑木林の西側へ草はらの広場が続いている。疎らな木立の中にベンチを置き、くつろいだ印象の空間を成している。木陰にはシートを広げてランチタイムを楽しむ二組の親子連れの姿があった。

公園西側には道路が沿っているが車両の通行も少なく、隣接する住宅街も美しい街並みであるために周辺は穏やかな空気感に満たされており、人の往来があってもあまり喧噪を感じない。この道路の歩道は公園の舗道としても機能している。歩道と車道との間には低い植え込みがあるものの、歩道と公園の草はらとを隔てるものは何もない。そのことによって公園は街並みに溶け込み、とても開放感に富み、明るい印象を持っている。この歩道に沿うように公園外縁部に並ぶユリノキの姿もとても美しい。ユリノキは高みに葉を茂らせているものの、人の背丈ほどの高さまでは枝葉がないから、それも公園の開放感と明るさに奏功しているのだろう。

公園の西南側の端にも少し広い草はらの広場がある。こちらは緩やかな起伏を伴った広場で、小高い芝生の丘という佇まいだ。背後に雑木林の丘を背負って緑濃い景観が美しい。
奈良山公園

奈良山公園
周辺は基本的に住宅地だが、公園の北方には大型スーパーなどもあり、ちょっとした商業地域を成している。「こどもの国」駅も近いから人々の往来も多い。そうした中にあって奈良山公園はこの地域に暮らす人たちのための憩い場として、オアシスのような空間を提供してくれているのに違いない。公園の愛護会も存在するようだから、園内の維持管理には愛護会の方々の尽力があるのだろう。

南西角の広場に小さなこども向けの遊具がひとつ設置されていたが、他には遊具らしいものはなく、子どもたちのための遊び場としては少し物足りなさもあるかもしれない。トイレは雑木林の丘の西側に置かれている。駐車場は設けられていない。規模の点から言っても近隣に暮らす人たちのための公園で、遠方から訪れるような行楽地的性格は持っていないが、奈良川河岸や成瀬尾根に沿った散策などの際に、一休みを兼ねて訪れてみるのも悪くない。園内に残された雑木林の丘や、植栽された木々の美しさが印象に残る公園だ。
奈良山公園