横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市中区根岸台〜簑沢
−根岸森林公園−
八重桜の咲く根岸森林公園
April 2015
八重桜の咲く根岸森林公園
横浜市中区根岸台の根岸森林公園には八重桜もあり、春本番を迎えた園内に鮮やかな色彩を添える。公園内に併設された根岸競馬記念公苑でも八重桜が咲き、園内が新緑に輝く季節、素敵な春散歩が楽しめる。
八重桜の咲く根岸森林公園
・
八重桜の咲く根岸森林公園
・
八重桜の咲く根岸森林公園
・
八重桜の咲く根岸森林公園
四月も半ばになればソメイヨシノの花もすっかり散って、根岸森林公園は新緑の季節を迎える。さまざまな樹木の若葉が公園を美しい緑のグラデーションで彩る。その中に、八重桜がひときわ鮮やかなピンク色の花を咲かせている。

八重桜は公園中央部を占める広い芝生広場の北西側、園路脇に並んで咲いている。数はそれほど多くはない。10本ほどだろうか。鮮やかな濃いピンク色の花はカンザン(関山)という品種のサトザクラだろう。脇の方には色の薄い花を咲かせる桜もあるが、これはフゲンゾウ(普賢象)か。桜はそれほどの大木というわけではないが、大きく枝を張り、一ヶ所に集められていることもあって、見事な景観を見せている。特に広場の中から、すなわち桜を東側から見る景観がいい。桜がちょっとした並木のように連なり、新緑の木々を背景に春の陽光を浴びて輝いている。その景観がとても美しい。

桜の下ではシートを敷いてランチタイムを楽しむ人たちの姿がある。桜の植えられた辺りは、東側の芝生広場に向かって緩やかに下るスロープを成しており、東を向いて腰を下ろせば緑濃い公園を俯瞰するような景観が眼前に広がる。広場にも思い思いの場所にシートを敷いてくつろぐ人たちの姿があり、子どもたちの遊ぶ姿があり、その中を散策の人たちが行き交う。穏やかな春の公園の風景だ。咲き誇るサトザクラが落とす木陰の中、のんびりと公園の風景を眺めて過ごすのは素敵なひとときだ。

芝生広場北東側の一角以外には、根岸森林公園にサトザクラは植えられていないようだ。しかしゆっくりと園内を巡ればハナミズキや花壇のチューリップなどの花々にも出会える。分園のような形で簑沢に位置するエリアでもハナミズキを見ることができる。そして何より、この季節の根岸森林公園の魅力は新緑の美しさだ。ケヤキやソメイヨシノなどの落葉樹が芽吹きの時期を迎え、公園全体が若々しく爽やかな空気感に包まれている。その季節の空気を感じながら散策を楽しむのがお勧めだろう。
八重桜の咲く根岸森林公園
八重桜の咲く根岸競馬記念公苑
・
八重桜の咲く根岸競馬記念公苑
・
八重桜の咲く根岸競馬記念公苑
公園内に併設された根岸競馬記念公苑内にもサトザクラが咲いている。この季節、根岸競馬記念公苑にも立ち寄るのがお勧めだ。

「馬の博物館」裏手の階段横に咲く真っ白な八重桜はイチヨウ(一葉)だろうか。ふっくらとした印象の花と若葉の新緑とが春らしい色彩を見せて美しい。陽光を浴びる姿を階段上から見るのがお勧めだろうか。

公苑奥の馬場の横には鮮やかな濃いピンクの八重桜が数本咲いている。カンザン(関山)だろう。馬場の周囲の木々に混じって咲く姿が艶やかで、風景のアクセントになっている印象だ。馬場奥の四阿脇に咲いている八重桜は少しピンクが薄いように思えるが、フゲンゾウ(普賢象)かもしれない。薄紅の花と周囲の新緑とが春の風景を織りなしている。その横には藤棚が設けられているが、そろそろ藤の花が咲き始めていた。馬場横の植え込みのツツジも咲き始めていた。今年(2015年)は藤やツツジなどの花々の開花が早いようだ。

根岸競馬記念公苑は根岸森林公園の中に独立した区画として設けられ、庭園風に整備されて散策の楽しいところだ。その名のように苑内には馬に関するオブジェなども数多く置かれている。のんびりと苑内を巡って根岸競馬記念公苑の春の表情を楽しむのがお勧めだ。苑内には「馬の博物館」も設けられているから、興味のある人は見学してゆくといい。
根岸森林公園の八重桜は、数は決して多くはない。八重桜の咲く風景を目当てに訪れると、少し期待外れな思いをしないでもない。しかし園内の木々が芽吹いて春本番を迎える季節、八重桜が鮮やかな色彩を添える様子はたいへんに美しい。お弁当を持ってのんびりと、春のピクニック感覚で訪れるのがお勧めだ。
八重桜の咲く根岸森林公園