横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市神奈川区西寺尾
西寺尾の丘公園
May 2003
西寺尾の丘公園
横浜市神奈川区の東端、鶴見区との境に近い西寺尾二丁目に「西寺尾の丘公園」という名の公園がある。このあたりはちょっとした丘になっていて、その丘の南側の東斜面に「西寺尾の丘公園」があり、丘の北側はすでに鶴見区東寺尾一丁目となり、そこに「東寺尾ふれあいの樹林」がある。区境を跨いで横たわる丘のあちら側とこちら側で、「東寺尾ふれあいの樹林」と「西寺尾の丘公園」が一対となっている印象だ。
この場所は公園が整備される以前はおそらく雑木林の丘だったのだろう。公園上の小径などにその名残を見つけることができる。公園は丘の東斜面を利用して造られており、スロープの中を散策路が辿っている。公園の周辺は住宅街だが、園内は緑に囲まれて街の喧噪からも遠く穏やかな空気に包まれている。

西寺尾の丘公園
公園の東側、斜面の下は広場になってトイレやベンチなどが置かれ、斜面の下部を利用した大型の複合遊具が設置されている。訪れた時には子どもたちの姿は無かったが、地元の子どもたちのための遊び場としては充分に魅力的なものなのではないかと思える。この斜面そのものが、子どもたちにとってはよい遊び場になることだろう。

公園へは北側から丘を越えて訪れたのだが、公園に近づきつつある時、木立の向こうから子どもたちの歓声が聞こえていた。公園に着いた時にはすでに姿は無く、どうやら入れ替わりになってしまったようだった。地元の保育園の子どもたちなどがお散歩の途中で訪れていたのかもしれない。

西寺尾の丘公園
昔はこのあたりも雑木林や畑地の広がるのどかなところだったのだと思うが、今では周辺は家々の並ぶ住宅街になってしまった。その中にあって緑濃いこの公園は貴重な空間と言えるかもしれない。下の広場から丘を見上げると、丘を縁取るような木々の樹影も美しく、のどかな里山の残る地域へ紛れ込んでしまったような錯覚を覚える。丘に上ると東に向かって眺望も良く、開放感があり、吹き渡る風が爽快な気分だ。「西寺尾の丘公園」というその名は、まさに公園の特徴を象徴しているように思える。
西寺尾の丘公園西寺尾の丘公園
丘の上から公園の外へと出ると、少しばかり畑地が残っており、かつてはこのような風景が広がっていたのかと思わせる。丘を北側へ下ると「東寺尾ふれあいの樹林」があり、さらに下ると「入江川せせらぎ緑道」が近い。これらを合わせての周辺の散策が楽しい。
西寺尾の丘公園