横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市長房町〜東浅川町
−陵南公園−
秋の陵南公園
November 2017
秋の陵南公園
陵南公園は春の桜の見事さがよく知られているが、秋が深まれば園内の木々が色付いてしっとりとした風情を漂わせる。陵南公園の紅葉は桜が主役だが、ところどころにモミジの木もあり、鮮やかな赤に染まってアクセントを添えてくれている。子どもたちのための遊び場といった役割の分園の方も、大きく育った樹木の葉が秋色に染まって広場に落ちる木漏れ日が美しい。
秋の陵南公園

秋の陵南公園
陵南公園は花見の名所として知られるだけあってプロムナードや広場、南浅川の河岸などに多くの桜が植えられている。秋が深まれば桜は落葉が進んでしまっているが、少しだけ枝に残った葉が日差しを受けて秋の色に輝いている。桜は紅葉の美しい樹木として語られることは少ないが、一枚一枚の葉はなかなか美しい。地面に落ちた桜の葉の美しさを楽しむのもいいものだ。

園内にはところどころにモミジの木も植えられている。やはり紅葉に染まったモミジは別格の美しさだと言っていい。逆光を受けて透過光に輝く姿は素晴らしいものだ。モミジの木はサービスセンター横や「じゃぶじゃぶ池」横などで見ることができる。主役と言うほどには数が多くないが、真っ赤に染まったモミジは晩秋を象徴するものだろう。

桜やモミジだけでなく、ケヤキなどの木々も美しく紅葉し、日差しの向きによって驚くほど素晴らしい景観を見せてくれる。のんびりと園内を巡って、秋の色に染まった園内の景観を楽しむのがお勧めだ。
秋の陵南公園

秋の陵南公園
晩秋の陵南公園を訪れたら、浅川橋の袂から上流側左岸を見る景観を楽しんでおきたい。河岸には大きな桜やイチョウ、ケヤキなどが並び、素晴らしい景観を見せる。特に午後になると逆光気味の斜光を受けて輝き、見事な秋景色を見せてくれる。南浅川の流れと織り成す風景の美しさが素晴らしく、晩秋の陵南公園での最大の見どころと言って差し支えない。

もちろん桜やイチョウが並ぶ河岸の道を歩いてみるのもお勧めだ。木の下から秋空を背景に見上げる時の景観も素晴らしく、川辺の風情と相まって素敵な晩秋の散策を楽しむことができる。

陵南公園の西端部には、古道橋という人道橋が南浅川を跨いでいる。古道橋の中ほどから下流側を眺めれば、左岸川にはケヤキやイチョウなどが日の光を浴びて並び、正面の視界奥では南浅川橋が南浅川を跨いでいる。それらが川の流れと共に織り成す景観が実に美しい。秋も深いというのに、河原では子どもたちが遊んでいたりして、その姿もなかなか素敵な印象だ。

古道橋から対岸へと辿ってみるのもお勧めだ。対岸から見ると河岸に並ぶ木々の景観も印象が違い、また別の表情を見せる。その景観を楽しみながらのんびりと河岸散歩を楽しむのがお勧めだろう。
四季を通じて散策する人の多い陵南公園と南浅川の河畔だが、木々が紅葉を迎える時期にはそれを楽しみつつそぞろ歩きを楽しむ人の姿が少なくないようだ。甲州街道のイチョウ並木や武蔵陵墓地参道のケヤキ並木などとともに、身近な紅葉を楽しむ秋の一日の散策コースとして好適なものと言えるだろう。
秋の陵南公園

秋の陵南公園

秋の陵南公園