横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市青葉区桜台
−桜台公園−
桜咲く桜台公園
April 2005
桜咲く桜台公園
桜台公園は横浜市青葉区の桜の名所のひとつとして数えられている。「桜台公園」というその名も、そうしたイメージに合致しているのだろう。意外にもそれほど多くの桜の木があるわけではなく、中央の広場奧と南西側の池の辺に数本の桜があるだけなのだが、雑木林の自然を残した公園に咲く桜は清々しく華やかな魅力があり、「桜の名所」の名に恥じない。
桜咲く桜台公園
春の空気に満たされた桜台公園の池の辺には多くの人たちがお花見に訪れている。のんびりと散策を楽しむ人たちに混じって、桜の下にシートを広げてのんびりとくつろいでいる人たちも少なくない。桜は、数としては控えめなほどだが、池の辺の風情と相俟ってのんびりとお花見を楽しむにはよいところだ。新緑が芽吹いた柳や、満開のコブシなども彩りを添え、春の穏やかさに満ちている。
桜咲く桜台公園
雑木林に囲まれた中央部の広場は、奧の遊具の設置された辺りに桜が咲き誇っている。ブランコや滑り台などの置かれた一角を覆うように桜が咲き、なかなか美しい景観を見せている。こちらの桜の木の下にシートを広げている人たちは子ども連れなのだろう。広場や遊具で子どもたちが遊んでいる間、親たちは桜を楽しみながらのんびりと春のひとときを過ごしているという印象だ。
桜咲く桜台公園
公園に桜が咲く季節、子どもたちは春休みだ。公園内では多くの子どもたちが遊んでいる。すっかり暖かくなり、池の傍らの小川では早速水遊びを楽しむ子どもたちもいる。薄紅の桜、白いコブシ、薄緑の柳の若葉、散策を楽しむ人々、遊ぶ子どもたち、そうした様子が公園の中に春の気配を感じさせて楽しい。桜の数や大きさというのではなく、そうした春の穏やかさに満ちた公園の雰囲気が最大の魅力と言っていいのではないだろうか。
公園に駐車場は無く、規模の点から言っても遠方からお花見に訪れるような性格の公園ではないが、それだけに地元に暮らす人たちにとっては素敵なお花見の名所であることだろう。坂となった公園南側の道路も桜並木だ。青葉台駅からのんびりと春の散策を兼ねて訪れてみるのも悪くない。
桜咲く桜台公園