横浜線沿線散歩公園探訪
多摩市落合
−多摩中央公園−
早春の多摩中央公園
March 2008
早春の多摩中央公園
早春の多摩中央公園は東側に設けられた「梅の谷」の梅が美しい。公園東側の外周部分は都市緑化植物園となっており、その一角、グリーンライヴセンターに近いあたりに「梅の谷」と名付けられた場所がある。公園内から東側の住宅地へと降りて行く階段が設けられている場所でもあるのだが、その階段の横が雛壇上に整備されて梅の木が植えられているのだ。

早春の多摩中央公園

早春の多摩中央公園
ここは多摩センター駅方面へと行き来する人の姿が多い場所だが、梅の香りに誘われてか、急ぐ足を止めて梅の花に目を向ける人の姿もあったりする。梅林として特に規模が大きいわけでもなく、風情にも少々欠けるところがあるが、梅の木の間を縫うようにつづら折りで散策路も設けられており、のんびりと梅の花を楽しむことができる。

訪れたのは三月上旬、まだ梅はまだ満開とはいかなかったが早春の青空を背景に見る梅の花はとても美しかった。のんびりと梅の花を楽しんでいると、梅の枝々の間を飛び回るものがある。メジロだった。人間に対する警戒心があまりないのか、メジロはすぐそばの梅の木で花から花へと飛び回る。なかなか楽しい出合いだった。

春の訪れを実感するような暖かな日で、大池横の広場にはシートを広げてくつろぐ人たちも少なくなかった。グリーンライブセンターの花壇では数は少ないながらスノードロップやクリスマスローズの花を見ることができた。多摩センター駅周辺に買い物に来たついでにでも早春の息吹を感じながらのんびりとひととき散策を楽しむのがお勧めだ。
早春の多摩中央公園