横浜線沿線散歩公園探訪
日野市多摩平
−多摩平第一公園−
春の多摩平第一公園
April 2011
春の多摩平第一公園
日野市多摩平の多摩平第一公園は広場やテニスコートなどを配した公園で、近隣の人たちの憩いの場として親しまれている。住宅街の中に位置する公園だが、園内には樹木も多く、春には桜が美しく咲く。

春の多摩平第一公園
公園の中央部は樹林地になっている。さまざまな樹木が茂っているが、その中に混じってベニシダレやオオシマザクラなどの桜が鮮やかに花を咲かせる。数は少ないから“桜の咲く風景”としての見応えでは物足りないが、散策路脇に咲く桜を見上げたときなどには、春の青空を背景に陽光を浴びて浮かび上がる桜がたいへん美しい。園内には常緑樹も多いから、その緑との対比でより鮮やかに見えるのもいい。濃いピンク色のベニシダレと真っ白なオオシマザクラとの色の対比も美しい。

春の多摩平第一公園
公園の北側、「日野バイパス」に面した部分には大きな広場が設けられているが、この広場の脇に大きなソメイヨシノが数本並んで見事な姿を見せている。大きく枝を張って咲き誇る様子は見応えがあり、真下から見上げてみたり、少し離れて眺めてみたり、見る場所を変えてみると表情が変わって飽きない。広場は“グラウンド”と呼んでもいいような様相で特に興趣のあるものではなく、横を通る「日野バイパス」は交通量が多いために騒音も大きく、のんびりとお花見を楽しむのに適した環境とは言えないのが少しばかり残念なところかもしれない。

公園全体を見てもそれほど桜が多いわけではなく、お花見のために訪れるような性格の公園とは言えない。訪れたときにも園内にお花見を楽しむ人の姿はなかったが、地元の人たちにとっては春の散歩コースとして良いところだろう。テニスを楽しむ人たちの声を聞きながら桜の咲く公園をのんびりと散策してみるのも良いものだ。
工場の桜並木
多摩平第一公園の北西側には日野市立病院が建っている。日野市立病院は国道20号(日野バイパス)と都道235号線とが交わる「多摩平五丁目」交差点の角に位置しているのだが、この交差点の斜向かい、交差点の北西側にはコニカミノルタの工場が建っている。この工場の敷地の外縁部に沿って桜が植えられており、あたかも道路の並木のように外側の道路から桜並木を眺めることができる。なかなか見事な桜並木だ。交通量の多い道路だからのんびりとした散策には不向きだが、桜の花期に多摩平を訪れたときには、コニカミノルタの敷地外縁部に並ぶ桜の姿も見ておきたい。
春の多摩平第一公園