横浜線沿線散歩公園探訪
城山町〜津久井町
−津久井湖城山公園−
桜咲く水の苑地
April 2001
桜咲く水の苑地
かつては津久井湖園地と呼ばれた県立津久井湖城山公園の「水の苑地」は春の桜の名所としてもよく知られ、毎年桜の時期になると桜と湖の織りなす美しい景色を楽しみに多くの花見客が訪れる。
「入口広場」のあたりに立って苑地を見下ろすと、この時期には苑地の湖岸が桜色に縁取られたような印象を受ける。特にボート乗り場への降り口の傍らの展望テラスの両脇は桜の木も大きく、湖面に張り出すように枝を広げた桜が見事だ。高みから見下ろす桜も美しいが、湖岸に降りて間近に見る桜はさらに美しい。
桜咲く水の苑地

この苑地は周囲に広がる津久井湖畔の景色が美しく、四季を問わず景勝地として人気があるが、桜の時期にはその景色を桜がさらに引き立ててくれている印象だ。頭上を覆う桜はその枝々を低く垂らし、その桜の花の間から湖の景色を眺めるような形になる。さらに対岸には「花の苑地」の桜が少し霞んで見えており、周囲の景観すべてが桜色に染まるようで、何とも美しい。

展望テラスからボート乗り場の方へと降りると、湖岸を北側へ辿る小道がある。桜に覆われた小道を進むと、奥まったところはちょっとした広場のようになっていて、シートを広げてのんびりと花見を楽しむ人たちの姿がある。このあたりは湖岸が少し湖に張り出しているのだが、そこに立って振り返ると桜の屋根に覆われたような展望テラスとボート乗り場を見ることができる。この眺めもとても美しい。
桜咲く水の苑地
展望テラスのあたりからテニスコートの周囲を廻って駐車場の方へと進むと桜の林がある。緩やかな斜面となった林の中を遊歩道が辿り、随所にベンチが置かれている。桜の木は大きく、林の中を歩けば桜の屋根の下にいるようだ。遊歩道は桜を眺めながらそぞろ歩きを楽しむ人たちが行き来し、林の中のところどころにはシートの上でお弁当を広げるグループの姿などがある。
桜咲く水の苑地
桜の季節の「水の苑地」は、その景勝地としての魅力が桜によってさらに倍増するように思える。泰然とした風情の湖水の景色と、咲き誇る桜の美しさと、双方が互いを引き立ててさらに美しさを増している。春の「水の苑地」は、家族連れやグループなどで、お弁当を持って行楽気分で訪れるお花見に最適な場所だと言っていいだろう。
桜咲く水の苑地

駐車場は比較的余裕があるものの、この時期の休日には終日満車状態となり、駐車待ちの列ができ、周辺の道路には路上駐車の車が並ぶ。できればバスで訪れるのが良いだろう。「花の苑地」側の駐車場は意外に空いていることもあるので、そちらに車を止めてこちらへ歩いて来るという方法もある。
桜咲く水の苑地