横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市都筑区牛久保東
牛久保東なつみかん公園
June 2017
牛久保東なつみかん公園
横浜市都筑区牛久保東の町の北東部に、「牛久保東なつみかん公園」という小公園が設けられている。面積2000平方メートルほどの小さな「街区公園」で、近所に暮らす人たちのための憩いの場としての役割を担っている。
牛久保東なつみかん公園

牛久保東なつみかん公園
「牛久保東なつみかん公園」は港北ニュータウンの住宅街の一角に位置した小公園で、住宅数戸分のほどの敷地しかない。敷地は四角の形状だが、その中に二つの長円形の広場を置き、二つの広場の間や周囲に木々を植栽して表情豊かな景観が演出されている。

西側の広場には複合遊具や鉄棒、砂場などが設置されている。近所の子どもたちの日常的な遊び場として使われているのだろう。東側の広場は西側に比べれば少し大きいが、自由な空間として使うことができるようにか、何も設置されていない。

二つの広場の間の北側には円形のオブジェ風の設備があるが、おそらく開園当初は円形のパーゴラだったのではないか。上部の構造材が老朽化して撤去され、円形の骨組みだけが残ったもののように見える。

小さな公園だが、外縁部や二つの広場の間などに木々が上手く植栽され、潤いのある景観になっている。園内には桜の木もあるので、春には美しい景観をみせてくれるだろう。
「牛久保東なつみかん公園」はあくまで近所に暮らす人たちのための「街区公園」であり、遠方から敢えて訪ねるような特徴があるわけではないが、牛久保東から南山田、北山田を経て東山田まで辿る緑道「ふじやとのみち」の端点に当たっている。「ふじやとのみち」散策の際には訪ねておきたい。小さな公園ながら、トイレが設置されているのも嬉しいところだ。
牛久保東なつみかん公園