横浜線沿線散歩公園探訪
町田市小山田桜台
谷戸池公園
April 2010
谷戸池公園
町田市北西部の小山田桜台に「谷戸池公園」という公園がある。住宅地のほぼ中央という立地ながら、その名が示すように池を抱え、鬱蒼とした樹林に囲まれた公園だ。

小山田桜台はかつて上小山田町、下小山田町、常盤町に跨っていた丘陵地を住宅地として造成したもので、1984年(昭和59年)に新設された町だ。谷戸池公園は、その小山田桜台のほぼ中央部に位置している。谷戸池公園という名が示すように、公園のある辺りは住宅地として造成される以前は谷戸の地形を成していたらしい。その谷戸地の地形や植生などを活かして公園としたものなのだろう。池はかつての農耕用溜池だったものだろうか。今は住宅街の中で雨水調整池の役割を担っている。

谷戸池公園

谷戸池公園
谷戸池公園はその池を中心にして構成されている。もともと谷戸地だったところだから周囲からは窪地になっており、池の周囲には鬱蒼と木々が茂っている。西側に岸辺には水際近くに遊歩道が設けられ、北側の岸辺には展望デッキ風に設えられた広場が設けられているが、東側と南側の岸辺は木々が水際まで茂っている。北側の岸辺から池を眺めてみると住宅街の中の公園であることを忘れて、どこか山深いところに迷い込んだかのような気分になる。

北側の岸辺の広場には印象的にクスノキが枝を広げて、程良い木陰を落としてくれている。訪れたのは四月の下旬、ハナミズキが美しい姿を見せ、西側の岸辺近くにはカキツバタが花を咲かせている。幹線道路からは離れた住宅街の中の公園ということもあってか、辺りは静かなもので、鳥の声と地元の人の話し声がどこからか聞こえてくるばかりだ。ベンチに座ってのんびりとしていると時の経つのを忘れる。

あくまで小山田桜台の住宅街に暮らす人たちのための公園で、遠方からの来訪者があることは前提としていないようだ。駐車場も設置されていない。特筆するほどの特徴のある公園とは言い難いが、池を抱えて緑濃い様相は小山田桜台に暮らす人たちにとっては充分に魅力的なものだろう。
谷戸池公園