横浜線沿線散歩公園探訪
相模原市中央区横山
−横山公園−
桜咲く横山公園
April 2012
桜咲く横山公園
相模原市中央区横山の横山公園は陸上競技場やプール、野球場などが設置された公園だ。それらのスポーツ施設をメインに据えた公園という印象だが、園内には桜の木も多く、春には見事な景観を見せてくれる。
桜咲く横山公園/モニュメント脇

桜咲く横山公園/樹林広場

桜咲く横山公園/樹林広場脇

桜咲く横山公園/野球場裏

桜咲く横山公園/テニスコート横

桜咲く横山公園/テニスコート横

桜咲く横山公園/横山公園通り
春の横山公園は園内随所で美しい桜を見ることができる。のんびりと園内を巡るとさまざまな桜の風景に出会う。公園のほぼ中央部、モニュメント脇の桜も印象的な姿を見せてくれるし、野球場と陸上競技場の間の通路脇に咲く桜も見事な景観だ。ピクニック感覚でのお花見には「樹林広場」がいい。そして野球場の“裏側”には大きく育った桜が並び、圧巻の景観を見せてくれる。公園の南側には上溝中学校があるが、中学校の外縁部にも桜が咲き、これもなかなか見事だ。

家族やグループでお花見に訪れるのなら、公園北側、第3駐車場横に設けられた「樹林広場」がいい。桜の木はそれほど多くはないが、のんびりと穏やかな雰囲気がピクニック感覚でのお花見には適している。大きく枝を張ったソメイヨシノの下にシートを広げてお花見を兼ねたアウトドアランチを楽しむグループの姿も多かった。広場の一角で鮮やかな濃いピンクの花を咲かせている桜はヨコハマヒザクラだろうか。陸上競技場に沿った通路にはベニシダレの姿もあり、さまざまな桜が楽しめるのもいい。

「樹林広場」の横から西側に出ると県道503号線だが、この道路に沿って公園内に並ぶ桜も見事だ。道路を走る車からも眺めることができるから、通り抜ける車の中から春景色を楽しむ人も少なくないだろう。

この桜はそのまま公園外縁部に沿って並び、野球場の“裏側”へと続いている。この野球場“裏側”の一角のソメイヨシノはまさに圧巻の景観を見せる。大きく育ったソメイヨシノが野球場外縁部を辿る通路を覆い尽くし、辺り一面が桜色に染まる。公園は台地になっているから、ここから南西側には視界が開けて上溝の市街地を見下ろしている。その開放感もいい。通路に設置されたベンチではのんびりと桜を眺める人の姿もあり、少し広くなったところではシートを広げて花見の宴を催しているグループの姿もあった。

野球場裏からそのまま公園外縁部を辿ってテニスコート西側へと歩を進めれば、「展望広場」の丘とテニスコートの間の通路脇の桜が出迎えてくれる。丘側から枝を伸ばした桜が通路を覆うように咲き、通路はちょっとした“桜のトンネル”だ。通路の東側には小さいながらもベニシダレが咲き、濃いピンクの花が風景にアクセントを添える。

テニスコート西側の小径を南へ抜けてゆくと上溝中学校横へと出て、すでに公園の範囲外だが、この通路沿いにも多くの桜が咲き、美しい景観を見せてくれている。上溝中学校の南側に沿った小径からはJR相模線上溝駅方面へと小径が延びているのだが、この周辺にも多くの桜がある。駅近くから上溝中学校東側、公園東側へかけて、「横山公園通り」という名の通りが抜けているが、この道路沿いにも大きな桜が並ぶ。また「横山公園通り」にはハナモモも植栽されており、桜と共にハナモモも楽しめるのがいい。

公園内だけでも充分に花見を堪能できるが、上溝中学校周辺にも散策の足を延ばしてみるとより楽しめるだろう。のんびりと花見散歩を楽しんだ後、どこかにシートを広げて桜を眺めながらのアウトドアランチを楽しむのがお勧めだ。
横山公園は陸上競技場や野球場、テニスコートなどのスポーツ施設をメインに据えた公園で、普段は散策に向いているとは言い難いのだが、桜の咲く季節には花見散歩に絶好の公園だと言っていい。散策しながらのお花見にもよく、ピクニック感覚でのお花見にもいい。“桜の名所”と言っていいのではないか。

横山公園には複数の駐車場があり、駐車台数にも余裕があるが、スポーツ施設で競技会などが行われていると利用する車も多くなるだろう。また桜の季節の週末などにも利用が多いに違いない。横山公園はJR相模線上溝駅から近く、駅から道沿いの桜を楽しみながら歩いて来園するのもいい。
桜咲く横山公園