横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市館町
−ゆりのき台中央公園−
紅葉に染まるゆりのき台中央公園
November 2006
紅葉に染まるゆりのき台中央公園
ゆりのき台中央公園は晩秋の紅葉がとても美しい。公園は「ゆりのき通り」を挟んで東西の二区画に分かれているが、特にその東側の区画で、植栽されたメタセコイアやカエデが美しい紅葉に染まる。
紅葉に染まるゆりのき台中央公園

紅葉に染まるゆりのき台中央公園
公園の中央部は低地になっており、小さいながらも草はらの広場があるのだが、その周辺部にはメタセコイアが植栽されている。メタセコイアの端正な樹形が濃いオレンジに染まり、陽光を受けて輝く様子がたいへんに美しい。低地の周辺部から見下ろすように眺めるのもよく、低地に降りて見上げるように眺めるのもいい。蒼く澄んだ秋空を背景に見る景色は少しばかり異国情緒も感じさせて楽しい。

また「ゆりのき通り」に沿った外縁部と北側の外縁部にはモミジが植栽されており、秋の日差しを浴びて深紅に染まる。木自体はそれほど大きくはないが、そのためにかえって歩いていると目線近くに紅葉に染まった枝々が迫り、見応えのある景観を見せてくれる。陽光を照り返す様子も美しいが、やはり逆光を透かして見るモミジが素晴らしい。
公園東部は雑木林の丘陵部がわずかながら残してあり、林の秋の表情も楽しむことができる。住宅地の中の公園で規模もそれほど大きくはなく、駐車場も用意されておらず、「ゆりのき台」の住宅地に暮らす人たちのための憩いの場としての公園だが、この紅葉の美しさは少々足を延ばして訪れても楽しめるものではないかと思える。公園横を抜ける「ゆりのき通り」は、その名が示すようにユリノキの並木だ。これも晩秋には黄葉に染まる。併せて散策を楽しむのもよいかもしれない。
紅葉に染まるゆりのき台中央公園

黄葉するゆりのき通り