横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市青葉区市ヶ尾町
禅当寺公園
May 2004
禅当寺公園
横浜市青葉区市ヶ尾町の北部に禅当寺公園という公園がある。公園の南側に八幡神社があるが、禅当寺という寺は地図を探しても見当たらない。公園の北方には整然とした住宅街があり、「禅当寺地区」というふうに呼ばれているようだから、かつてこのあたりに禅当寺という寺があったのかもしれない。公園は0.26haほどの面積の小さな街区公園で、ほぼ南北に長方形をしている。1973年(昭和48年)の開園だそうだからけっこう古いが、園内は端正に整備されている印象だ。愛護会が存在するので、愛護会の方々の努力によるものだろう。
平坦な園内は木立に囲まれ、周辺も住宅街だからとても静かだ。公園の南側の半分は遊具などの置かれた一角で、子どもたちのための遊び場といった印象だ。訪れたときにも小さな子どもを連れたお母さんたちの姿があった。遊具は一般的な複合遊具やブランコといったもので、特徴のあるものではないが、大きく枝を張った樹木が陰を落とし、日差しの強い季節にはありがたいものだろう。
禅当寺公園禅当寺公園

北側の半分は何もない平らな広場だ。ゲートボールなどにも使えるのだろう。広場の周囲を木々が囲み、その木陰にベンチが置かれている。近所の人だろう、ベンチに腰を下ろしてくつろぐ人の姿があった。広場の端に、運動用の器具が設置されおり、その傍らには突起を付けられたコンクリートのスペースがあった。裸足でここを歩くと「足ツボ」を刺激して健康増進に繋がるというものだ。最近ではこうした器具を備える公園も増えてきた気がするが、この公園でもこれらの設備は近年になって設けられたものに違いない。
禅当寺公園禅当寺公園
これといって特徴のある公園ではないが、近くに暮らす人たちにとっては魅力ある憩いの場であることだろう。桜の木も多いようだから、地元の身近なお花見の場所であるのかもしれない。市ヶ尾町の散策途中に偶然見つけて立ち寄ったが、端正に整備され、細かな工夫の施された公園という印象があった。トイレが無いのが少々不便だが、緑濃い木々の落とす日陰は散策途中の一休みの場所としても嬉しい。
禅当寺公園