横浜線沿線散歩街角散歩
八王子市台町
信松院のほおずき市
July 1998
信松院のほおずき市
八王子市の信松院で7月10日と11日の両日、恒例の「ほおずき市」が行われたので、ちょっと様子を覗いてみた。信松院の「ほおずき市」は毎年7月10日前後に行われ、梅雨の時期に夏を呼ぶ行事として地元では親しまれているものだ。
信松院のほおずき市
訪れてみたのは初日の10日のお昼頃だったが、ちょうど雨上がりだったこともあって人出は多かった。「ほおずき市」が開催されていることを知らずに偶然観光目的で信松院を訪れたといった様子の人の姿もあったが、ほとんどの人はここでほおずきを求めることを毎年の夏の慣わしとしている様子だ。「ほおずき市」の様子を撮影しようとカメラを携えた人の姿も少なくなかった。

通路の両脇にところ狭しとほおずきの鉢が並べられているが、例年より数が多いようだ。かがみ込んで鉢の品定めをしていると係りのおじさんが近寄ってきてあれこれと教えてくれる。慣れていない人は素直にどれが良いが教えてもらって買い求めるのがよいだろう。一鉢1,500円だったが、二鉢、三鉢と買い求める人も少なくない。二日目の11日の夕方にはほとんど売り切れてしまっていたという話だから、早いうちに出かけた方がよい。
ほおずき以外にも風鈴なども売られているし、入口横では饅頭なども売られていてちょっとしたお祭り気分だ。ほおずきと言えば、昔は口に含んで音を鳴らして遊んだものだが、最近の子供たちもそうやって遊ぶのだろうか。
信松院のほおずき市