横浜線沿線散歩街角散歩
相模原市当麻
無量光寺
June 1999
無量光寺
相模原市当麻の当麻山無量光寺は時宗の開祖である一遍上人の縁の寺として知られている。諸国遊行の途中の一遍上人が亀形峰(きぎょうほう)と呼ばれる丘の上に妙見菩薩の祠を見つけ、ここに金光院という庵を結んで修行に励んだのが寺の起りであるという。鎌倉時代の1261年(弘長元年)のことであったらしい。後の1303年(嘉元元年)、一遍の弟子であった真教が遊行の後にこの地に無量光寺を建立し定住したという。

無量光寺
時宗は一遍上人が開いた浄土宗の一派だが、踊念仏による布教によってよく知られている。「時宗」と呼ぶようになったのは江戸時代になってからのことであるらしい

。一遍の死後、弟子の真教が一遍を継いだが、一生を遊行に捧げた一遍とは異なり、この無量光寺に定住し、教団を組織していったのだという。その後、寺は繁栄したが幾度かの戦火で諸堂は焼失、再建された本堂も1893年(明治26年)の大火によって焼失した。現在は仮本堂が残るのみだが、本尊は焼失を免れ、現在も人々の信仰を集めている。

無量光寺は神奈川の景勝50選にも名を連ねており、相模原の景勝地としてよく知られている。相模川を見下ろす丘の上にあるが、境内は木立に覆われて相模川の景観を見ることはできない。国道129号線が近くを通ることもあって、かすかに車の騒音も聞こえてはくるものの、境内は世俗を離れた静寂に包まれている。池を中心とした庭園は鎌倉・室町期の築庭手法をとどめるものだいう。

無量光寺
境内には樹木が繁り、相模原市の保存樹木に指定されているものも少なくない。また初夏の境内は紫陽花が見事に咲き誇ることでも有名で、相模原市の紫陽花の名所のひとつにも数えられている。東に隣接する当麻山公園も花菖蒲や紫陽花の名所として知られ、それらの花の時期には併せて訪ねてみたい。

寺社に興味にある人にももちろん見逃せない場所であるだろうし、花に興味のある人なら当麻山公園と共に紫陽花が見頃となる初夏に訪ねるとよいだろう。JR相模線の原当麻駅が近く、歩いて10分から15分ほどだろうか。寺に残る木造一遍上人立像と古文書は相模原市の重要文化財に、寺の境内は相模原市の史跡に指定されている。
無量光寺