横浜線沿線散歩街角散歩
八王子市初沢町
春の高尾駅南口
April 2012
春の高尾駅南口
JR中央線高尾駅の南口周辺には桜が植えられ、春には見事な景観を見せてくれる。人々が足早に通り過ぎる駅前だが、少しのんびりと駅前の春景色を楽しんでみたい。
春の高尾駅南口

春の高尾駅南口

春の高尾駅南口
高尾駅南口の桜はバスロータリーの東側の道路と、その道路の北端から東へ京王線の線路に沿って延びる道路に植えられている。数としては決して多いものではないが、やはり並木になっていると見応えのあるもので、高尾駅前が春爛漫の景色に染まっている。

特にバスロータリー横の桜並木は木が比較的大きく育っており、素敵な景観を見せてくれる。南側では東西に延びる道路と丁字路を成しているのだが、この丁字路交差点の道路向かいから眺めると日差しを浴びて咲き誇る桜が輝くばかりの美しさだ。並木下の舗道を歩けば桜のトンネル、春の青空を背景に見上げたときの景観も素晴らしい。バスロータリーを挟んだ西側から眺めれば停車中のバスの向こうに桜の並木が横たわる。この景観もなかなか興趣のあるものだ。

その桜並木の北側の端、京王線の高架になった線路をくぐると、線路に沿って東へ延びる道路があり、そこも桜並木になっている。こちらの並木はまだ木が比較的小さいのだが、道路がわずかに曲がっているために並木に表情が加わっているのがいい。横にはスーパーもあり、行き交う人も多い道路だが、そうした駅前の喧噪と桜並木の春景色との取り合わせも春の風情というものだろう。
高尾駅南口の桜並木は美しいとは言ってもわざわざ花見に出かけてくるほどの規模とは言えない。駅前ということもあり、“花見”に適した場所とは言い難いだろう。日常的に高尾駅を利用する人たちにとっては、この桜並木も日常の中の春景色であるに違いない。日常の風景の中にこうした美しい春景色があるというのは、なかなか素敵なことだろうと思える。
春の高尾駅南口