横浜線沿線散歩街角散歩
多摩市落合
多摩センター
イルミネーション2006
November 2006
多摩センターイルミネーション2006
多摩センターのイルミネーションが今年(2006年)も開催されているというので、11月下旬に出かけた。「多摩センターイルミネーション」は今年で6年目だそうだ。以前から知ってはいたのだが、何となく機会を逸したまま、一度も見てみたことがなかった。今年のものは昨年にも増して華やかだという評判を聞き、今年こそはと出かけたのだった。
多摩センターイルミネーション2006

多摩センターイルミネーション2006

多摩センターイルミネーション2006

多摩センターイルミネーション2006
小田急線・京王線の多摩センター駅南口から南へ延びる広い舗道、「パルテノン大通り」が「多摩センターイルミネーション」の舞台だ。「丘の上プラザ」と「丘の上パティオ」、京王プラザホテル多摩、三越・大塚家具が向かい合う中央部の広場がその中心で、そこから「パルテノン大通り」と直交して東西に延びる舗道も含めて、辺り一帯がイルミネーションに飾られて幻惑的な風景を見せる。使用された電球は37万個だという。

広場の中央には巨大なツリーが聳えている。ツリーはブルーの光に覆われ、頂点には星が輝いている。オレンジや白系の光がほとんどを占めるイルミネーションの中で、青いツリーはひときわ目立つ。ツリーの根元北側には「トナカイのそり」を象ったイルミネーションが置かれており、訪れた人たちの記念撮影スポットになっているようだった。

この青いツリーの輝く広場を中心に、南北に延びる「パルテノン大通り」のクスノキ並木にイルミネーションが施されている。これがなかなか壮観な眺めだ。「パルテノン大通り」は南北に400メートルほどの距離があるが、イルミネーションの施されたクスノキ並木は広場を中心に200メートルほどは続いているだろうか。通りを歩けば光に包まれたような感覚を味わうことができてとても楽しい。通りには随所に動物を象ったイルミネーションが置かれており、これがなかなか良いアクセントになって、よりいっそう華やいだ雰囲気を醸し出している。

パルテノン多摩上部、多摩中央公園の「きらめきの広場」の池にもイルミネーションが施されている。こちらはシンプルなもので、池の中で「光のイルカ」が跳ね、池の中央部にはツリー形状のイルミネーションが設置されている。池の南岸の高みに星を象った赤いイルミネーションが掲げられており、北側の岸辺で場所を選べばツリーの頂上に赤い星が輝いているように見える。なかなか面白い。

「サンリオピューロランド」を擁する街らしく、ハローキティのイルミネーションも設置されている。特に「パルテノン多摩」前に置かれた巨大なハローキティが目を引く。その前では記念撮影をする子ども連れの姿が絶えない。会場周辺では他にもさまざまなイルミネーションが施され、煌びやかで華やかな雰囲気を演出している。その雰囲気を味わいながら、のんびりと夜の散策を楽しむのが良さそうだ。
多摩センターイルミネーション2006多摩センターイルミネーション2006
「多摩センターイルミネーション2006」の開催期間は2006年11月11日から2007年2月14日までだそうだが、ハローキティのイルミネーションや動物を象ったイルミネーションは12月25日まで、中央部のツリーは1月8日までの予定らしい。やはりクリスマス前に訪れるのが良さそうだ。開催期間中、コンサートなどのイベントも行われるようで、多摩センターの街全体が活気に溢れた印象だ。明るい時刻は買い物をしたり、多摩中央公園でのんびりと過ごし、夕暮れの時刻からイルミネーションに輝く多摩センターの街を歩き、その後はどこかのお店で夕食を楽しむというのがお薦めかもしれない。
多摩センターイルミネーション2006