横浜線沿線散歩街角散歩
町田市玉川学園
春の玉川学園
April 1999
春の玉川学園
町田市玉川学園の街はその名の由来ともなった玉川学園を抱えて学園都市的雰囲気を持っている。駅の周辺には閑静な住宅街が広がっているが、春の桜が美しい街並みとしても知られている。その玉川学園の街を、桜の季節に歩いてみた。
春の玉川学園
玉川学園の街はその中央に小田急線玉川学園前駅を置いて一丁目から八丁目までほぼ円形に広がっている。駅の北方は玉川大学をはじめとする玉川学園のキャンパスだが、ほぼ南北に走る小田急線の線路の両脇は丘陵に広がる住宅地だ。この住宅街は桜の美しい街並みとしてよく知られているが、一般的な桜の名所のような桜の並木や名木といったものがあるわけではない。住宅街のあちこちに、一般住宅の庭に、あるいは街路樹として数多くの桜が植えられていて、春の風景を彩ってくれるのだ。

小田急線の玉川学園前駅を降りると、駅前から玉川学園入口にかけての見事な桜に目がゆく。この付近は桜の木も多く、美しい景観が広がっている。周囲を見渡してみると、線路の両脇に広がる丘陵の住宅地のあちこちに桜の淡い色が見て取れる。規模の大きな桜並木も素晴らしいものだし、のどかな山野にひっそりと咲く桜も風情があっていいものだが、こうした桜の点在する住宅街の風景もまたそれはそれでなかなか良い趣があるように思える。

春の玉川学園
駅の西側、玉川学園二丁目から三丁目、一丁目にかけてのあたりに歩を進めてみる。丘陵の斜面に造られた住宅街のために坂道や石段が多く、また住宅街の中の道路は狭く曲がりくねっているが、桜に誘われての散策ならそれもまた楽しく感じる。石段の上に咲く桜を見上げる時など、恵まれた快晴の真っ青な空に桜がよく映えてとても美しい。角を曲がっていきなり見事な桜に出くわすのも楽しいし、視界の開けた場所では下を走る小田急の線路や、その周辺の風景がよく見渡せて、ところどころに淡い桜色が見えて季節を感じさせてくれる。線路の東側の玉川学園七丁目から八丁目にかけてもあちらこちらに桜の木があって散策の目を楽しませてくれる。小田急の線路脇の道路には桜並木もあって、これも美しい風景だ。

春の玉川学園
坂道の多い住宅街の中は歩くと少々疲れるが、先を急がずのんびりゆっくりと散策を楽しむとよいだろう。特に大きな公園があるわけではないが、住宅街の中の道路脇にベンチが置いてあったりするし、そういう場所で一休みするのもわるくない。のんびりとお弁当を広げられるような場所は特にないが、駅近辺を中心に線路と平行する道路脇に飲食店などもあるので利用すると良いだろう。小田急線の線路に沿って町田方面へ向かうと、バス道路を逸れて細道を辿り、小高い丘を越えるような感じで南大谷へと至り、南大谷天神社の傍らへと出る。南大谷天神社も桜の名所としてよく知られており、境内を埋め尽くすほどの桜がとても見事なものだ。余裕があれば足を伸ばしてみると良いだろう。
決して観光名所というわけではない玉川学園の街だが、桜の季節のこの街の風景はなかなか楽しめるものだと思える。素敵なレストランを探して食事を楽しんだり、地元のお店を覗いたりしながら、まさに散歩感覚で楽しむとよいだろう。桜の名所でのお花見ももちろんよいものだが、時にはこうした街並みの春の風景の中に身を置いてみるというのも、楽しいものではないかと思える。
春の玉川学園