横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市下柚木〜松木
−富士見台公園−
桜咲く富士見台公園
April 1999
桜咲く富士見台公園
富士見台公園も今ではすっかり桜の名所として有名になった。四月上旬の桜の花の時期には大勢のお花見客が訪れて賑わっている。ほとんどの人はお弁当持参で、思い思いの場所にシートを広げてのんびりとしたひとときを過ごしているようだ。中には大人数のグループでの宴会も見かけるし、バーベキューを楽しむ人の姿もある。
「史跡広場」にて
桜の名所となったその富士見台公園にあって、お花見のメインとなる場所が「史跡広場」だ。「史跡広場」は桜の林となっているので、頭上に覆い被さるように咲き誇る桜の下でお花見を楽しむことができる。林は北側に向かって緩やかな勾配を持っており、最も高所となる北東側の角はちょっとした芝生の広場で、ベンチなどもあり、眼下に桜の林を眺めながらのお花見を楽しむことができる。これもまた開放感があって楽しい。「史跡広場」を周回するように造られた散策路に沿ってそぞろ歩きながら桜を楽しむのもよいし、どこかに腰を落ち着けてくつろぐのもよいだろう。満開の時期を過ぎて花が散り始め、広場全体が桜の絨毯となる時期の散策も、それはそれでまた興趣のあるものだ。
「ピクニック広場」にて
桜が見事な「史跡広場」に比べると、この時期の「ピクニック広場」は人の姿もそれほどではなく、どちらかと言えば静かな印象だ。こちらにも桜の木はあるのだが、「お花見」の場所としてはやはりほとんどの人は「史跡広場」を選ぶのだろう。新緑の芽吹き始めた広場にポツンと立つ桜の姿もまたとても趣のあるものだ。「史跡広場」だけではなくこちら側にも足を延ばしてのんびりと散策を楽しんでみるのも良いだろう。広場の片隅に眼を転じてみれば、あちこちにさまざまな小さな花々が咲いており、桜だけでなくそうした花々に春を感じるのもこうした公園の楽しみ方のひとつと言えるだろう。
「お花見」の場所としてはなかなかお勧めの場所なのだが、南大沢の駅からは少々距離があり、ほとんどの人は車で訪れるため、満開の時期の休日ともなれば当然駐車場は終始満車となり、周辺の道路も路上駐車の列が並ぶ。せっかく訪れても駐車する場所にも困る有様なので、なるべく公共の交通機関を使いたい。
桜咲く富士見台公園