横浜線沿線散歩公園探訪
町田市原町田
原町田市民の森
October 1998
原町田市民の森
町田市原町田三丁目の東の端に、この「原町田市民の森」がある。地図の上で見るとちょうど、芹ヶ谷公園の南側にあたる。町田街道から国際版画美術館の横を通って高ヶ坂へと降りて行く道の途中、版画美術館入口のちょっと手前の右手に雑木林があるが、それがこの市民の森だ。

原町田市民の森
芹ヶ谷公園側の道路沿い、空き地のような民間の駐車場の奥の入口らしき部分から林の中に入り込んでみると、人々が通り抜けるうちに道となったような小道が奥へと続いている。雨上がりだったせいもあるのか、ところどころに湧き水もあって、足元はぬかるんでいるところが多い。しばらく進んで坂になった小道を登ると、ようやくぬかるみもなくなった。林の真ん中あたりまで来ると、平坦になった広場のような部分にシートを広げてスケッチを楽しむ人の姿があった。あまり人の姿を見かけることもなかったが、近所の人がときおり散歩がてらに通り抜けることがある程度なのだろう。林の南側は車輌の通れないような小道で、東に下りてゆけば成瀬街道に出ることができる。

特にここを目指して来るほどのものでもないと思うが、芹ヶ谷公園へ来たついでに、高ヶ坂の遺跡あたりまで散策してみようという時に通り抜けてみるのもよいかもしれない。訪れたのは10月だったが、小道を歩く足元にはおびただしい数のドングリが落ちていた。近所の子どもたちにとってはきっとドングリ拾いの名所であることだろう。
原町田市民の森