横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市上柚木
上柚木郷戸公園
October 2006
上柚木郷戸公園
八王子市上柚木2丁目の東端辺り、大栗川の河岸に「上柚木郷戸公園」という小さな公園がある。2300平方メートルほどの面積しかなく、住宅街の中の小公園という佇まいだが、さまざまな木々が植栽され、四季折々の表情が楽しめる公園だ。

上柚木郷戸公園
公園は平坦な立地で、中央に四阿が置かれている。四阿の横には柳が印象的に立っており、この柳が公園のシンボルツリーと言っていいほどだ。四阿の横手は、池のような様相なのだが水があるのを見たことがない。池を持つ公園として計画されたものが何らかの理由で実現されていないのかもしれない。小規模な公園だが、サクラ、カツラ、クスノキ、ウメ、ケヤキなど、数は少ないながらもさまざまな樹木が植栽され、それぞれの季節に美しい景観を見せてくれる。四月末にはツツジも美しい。訪れたのは十月中旬、四阿横で柿が実っていた。

公園は大栗川の右岸に位置し、大栗川の北側には柚木街道が通っている。柚木街道の「大田平橋」交差点と「中山入口」交差点とのほぼ中間辺りに位置しており、少し西側へ歩けば上柚木公園が近い。遊具類は設置されておらず、子どもたちの遊び場としては適しているとは言い難いが、大栗川河畔の散策などの際、一休みの場所にはよいかもしれない。今回訪れたときにも、自転車で立ち寄り、ベンチで休みながら地図を確認する人の姿があった。
上柚木郷戸公園