横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市上柚木
−上柚木郷戸公園−
桜咲く上柚木郷戸公園
April 2015
桜咲く上柚木郷戸公園
上柚木郷戸公園は面積2400平方メートルほどの小さな公園だが、園内にはさまざまな樹木が植栽されており、四季折々に美しい表情を見せてくれる。春になれば桜が公園を包むように咲き誇り、美しい景観を見せる。
桜咲く上柚木郷戸公園

桜咲く上柚木郷戸公園
上柚木郷戸公園の桜は数は少なく、公園東側と西側の外縁部にそれぞれ3本ずつが植えられているにすぎない。しかし、その桜のそれぞれが大きく枝を張って堂々とした姿を見せ、そのために公園全体が桜に包まれたような印象を与える。どの桜もそれほどの老木というわけではないようだが、立派に育って見事な樹形だ。公園は四方が道路に囲まれているからそれぞれの桜は遮られるものもなく、自由に枝を伸ばしたのだろう。こんもりと球状に枝を張って花を咲かせる姿がたいへんに美しい。

園内中央部に植えられた柳は若葉の芽吹きを迎え、その新緑と桜との取り合わせも興趣に富んだ風景だ。公園東側と西側の双方に桜が並んでいるから、園内からはどちらを向いても桜が視界に収まり、それぞれに違った表情を見せてくれる。公園外側に出て、道路から眺めるのもいい。外側から眺めれば手前に桜を、その向こうに新緑の柳を見る。それもよい風情だ。
上柚木郷戸公園は小さな公園で、桜の数も少ないが、その美しさは特筆するものがあると言っていい。今回訪れたときにはお花見の人の姿はなかったが、近くの人なら手軽なお花見を楽しむ公園として良いところなのではないだろうか。

上柚木公園から大栗川を渡って中山地区へと足を延ばせば長閑な里山風景の中に咲く桜を楽しむこともできる。あるいは上柚木公園から上柚木三丁目の街へと辿ってみるのも楽しい。それぞれに美しい桜景色を楽しむことができる。
桜咲く上柚木郷戸公園