横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市上柚木
上柚木そよ風公園
April 2014
上柚木そよ風公園
上柚木三丁目の住宅街の中に、「上柚木そよ風公園」という公園がある。4000平方メートルほどの小公園だが、街区公園としては大きい方かもしれない。広場を中心に構成された公園だが、特徴的な意匠の四阿があり、樹木も適度に植栽され、遊具や藤棚も設けられるなど工夫が凝らされている。周辺の住宅街に暮らす人たちの憩いの場所として使われている公園である。
上柚木そよ風公園

上柚木そよ風公園
上柚木そよ風公園は京王相模原線南大沢駅の北西側に位置している。周囲は多摩ニュータウンとして造成された住宅街で、住所の上では「上柚木三丁目」だが、一般的には“南大沢の住宅街”として認識されている地域の一部と言っていい。住宅街には車両の通行する一般道と交差しないように人道橋などを設けて舗道が延びているのだが、上柚木そよ風公園はその舗道沿いに設けられ、すなわち公園は一般道には面していない。そのことが奏功して、公園とその周辺は穏やかな空気感に包まれ、喧噪を感じることがないのが嬉しい。

公園は横を抜ける舗道に面して広く開き、舗道の一部を広げて公園を設けたという印象だ。舗道に面する部分には現代的な造りの広場があり、特徴的な意匠の四阿が建っている。鉄骨を組み合わせたようなデザインの、モニュメントのような形状の四阿で、これが上柚木そよ風公園の象徴的存在と言っていい。その奥(西側)には樹木を配した草はらがあり、隅の方には砂場や複合遊具などが設けられて近所の子どもたちの遊び場としての役割を担っている。

上柚木そよ風公園
遊具類のある広場の南側には藤棚を設けた一角がある。藤棚の下にはベンチも置かれている。藤棚を設けた一角は、フェンスの設置のされ方などから推測すると上柚木その風公園の一部ではなく、別の小公園か、あるいは舗道の拡張部分であるのかもしれないが、実感としては上柚木そよ風公園の一部と考えて差し支えない。今回訪れたのは四月の末、藤棚の藤は花の盛りで、見事な花房を見ることができた。藤棚の下の植え込みはツツジで、これも花を咲かせ始めており、鮮やかな色彩で風景にコントラストを加えていた。
上柚木そよ風公園は周辺の住宅街に暮らす人にとっては“共同で使う大きな庭”のような役割を担っているのかもしれない。トイレが設置されているのも便利だ。来訪者の立場では、敢えて目指して来るような性格の公園ではないが、付近を散策する機会があれば特徴的な意匠の四阿を見てみるのも一興かもしれない。

上柚木そよ風公園から北へ、舗道を辿って愛宕小学校横を抜けて行けば上柚木公園が近い。上柚木公園は陸上競技場やテニスコートなどが設置された規模の大きな公園だ。散策の足を延ばすのもお勧めだ。
上柚木そよ風公園