横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市保土ヶ谷区神戸町
帷子公園
October 2014
帷子公園
相鉄線天王町駅を南へ出て、天王町駅前公園脇から西へ延びる道路を少し行くと、道の南側に帷子公園という公園がある。広場の中に遊具類を配した構成で、近隣の人たちの憩いの場として親しまれている公園だ。

帷子公園

帷子公園
公園の名になっている「帷子(かたびら)」は、すぐ近くを流れる帷子川が由来だ。帷子川は、かつては蛇行の激しい“暴れ川”で、この辺りでは大きく屈曲して相鉄線の南側を流れていた。1964年(昭和39年)、帷子川の改修工事が完成、これによって帷子川は大きく流路を変え、相鉄線の北側を流れることになった。帷子公園は、改修前の帷子川の流路跡の一部を使用して造られた公園だそうだ。ちなみに相鉄線天王町駅のすぐ近くにある天王町駅前公園は改修前の帷子川に架けられていた旧帷子橋の跡地である。

帷子公園は面積3300平方メートル余り、小さな街区公園だ。全体は平坦な広場で、外縁部と広場の随所に印象的にケヤキが立っている。広場の東側には幼児用の複合遊具やブランコ、砂場などの遊具類が置かれており、近所の子どもたちの遊ぶ姿がある。天王町駅に近いからか、ベンチで一休みする人の姿も少なくない。

近隣に暮らす人たちのための街区公園であり、“行楽地”的な性格も“観光名所”的な性格も持っていないが、改修以前の帷子川の流路跡であるという立地が興味を引くものであるかもしれない。かつて帷子川がここを流れていたのかと思いながら公園の中を歩いてみるのも一興だろう。

帷子公園のすぐ東には旧帷子橋跡である天王町駅前公園があり、西へ少しゆくと「旧古町橋跡」がある。旧東海道に沿って保土ヶ谷の史跡を巡る散策の途中で立ち寄ってみるのも悪くない。トイレが設置されているので一休みの場所としても便利だ。
帷子公園