横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市長沼町
−長沼公園−
紅葉に染まる長沼公園
November 2003
紅葉に染まる長沼公園
公園のほぼ全域が雑木林の丘陵を成す長沼公園は、晩秋の紅葉シーズンの表情も美しい。さまざまな落葉樹の見せる秋の色彩は、この季節の雑木林散策の醍醐味と言っていい。林の中を辿る散策路を歩くと、低い角度の日差しに光と影が交錯し、見上げれば赤や黄に木の葉が輝く。晩秋の雑木林を歩くと穏やかで安らかな気持ちになるような気がする。
「霧降の道」を上がって「頂上園地」へ着くと、日の光を浴びて広場全体が黄金色に輝いているようだった。「頂上園地」から「野猿峠ハイキングコース」の尾根道を東へ辿ってみる。道の起伏や木の根方の見せる晩秋の表情が美しい。
紅葉に染まる長沼公園

紅葉に染まる長沼公園

東へ辿ると公園内で最も高所に当たる「展望園地」があり、ここに二本のモミジの木があるのだが、残念ながらこのモミジはそれほど美しい色に染まってはいなかった。一本はまだまだ緑色で、もう一本がオレンジ色の混じった赤といったところだ。しかしそれでも逆光に映える姿は美しい。
紅葉に染まる長沼公園

尾根道を西へ辿ると、絹ヶ丘の住宅街に面した部分に出る。このあたりは「絹ヶ丘口」と名付けられた区域で、長沼公園の中で最も公園的に造られた観のある部分だが、この区域にはサクラやモミジが植栽されてそれぞれの時期に美しい景観を見せてくれる。この季節はモミジが赤く染まり、晩秋の表情を見せてくれている。残念ながらすべてのモミジが紅葉しているわけではなかったが、真っ赤に染まった木も少なくはなく、充分に楽しめるものだった。住宅街側から斜面に降りて、木を見上げるようにして逆光に見る紅葉がやはり美しい。
紅葉に染まる長沼公園
訪れたのは11月の下旬だったが、もう少し経てばさらに紅葉が美しくなるのかもしれない。「絹ヶ丘口」あたりから尾根道を歩くだけでも充分に楽しめる。直接「絹ヶ丘口」を目指すなら、八王子駅南口から北野駅前を経て南大沢方面へと通うバス路線を使って、「絹ヶ丘」バス停で降りるとよいだろう。
紅葉に染まる長沼公園