横浜線沿線散歩公園探訪
相模原市相模大野
相模大野中央公園
April 2003
相模大野中央公園
小田急線相模大野駅北側の繁華街の、さらに北側に相模大野中央公園という公園がある。ちょうど伊勢丹の北側に位置すると言えば、わかりやすいかもしれない。特筆するほどの広さや施設を有する公園ではないが、端正に整備された美しい公園である。
公園内でまず目を引くのは、南側に設けられた池と噴水のある一角だろう。池の端には石組みの壁が設けられ、その上はグリーンホール相模大野から道路を渡ってきた通路と繋がる円形の広場だ。この広場は「風の広場」と名付けられており、一段高くなった視点から公園のほぼ全景が見渡せる。

「水の広場」
「風の広場」の北側眼下に「水の広場」がある。池と噴水からなる広場で、石組みの壁際に噴水があって「壁泉」と名付けられている。この「壁泉」は夜にはライトアップされた美しい光景を見せてくれるという。池はあくまで園内の「風景」としての役割のもので、子どもたちのための水遊びの場所として考えられているわけではないようだ。「池に入らないように」との旨の注意書きがあり、チェーンで囲われていた。

花壇
この「水の広場」の横手(東側)に美しい花壇があった。ちょうど花の美しい季節で、花壇は鮮やかな色彩で溢れ、しばらく立ち止まって見とれてしまった。花の絨毯のような花壇の向こうに眺める公園の風景はのどかで穏やかな印象に満ちている。

「風の広場」と「水の広場」の西側にはトイレと「パークハウス」が設けられている。「パークハウス」は管理事務所と無料休憩所を兼ねている。管理事務所の窓口には公園のパンフレットも置かれているので貰っておくとよいだろう。無料休憩所は小さな子どもや赤ん坊を連れた人たちには便利であるかもしれない。

「パークハウス」の前には円形の「集いの広場」があるが、訪れた時には芝生の養生中であったのか、フェンスで囲まれて立ち入りができなかった。この広場の西側に並ぶベンチには灰皿が置かれていた。公園内の喫煙所といった役割であろう。
相模大野中央公園
「水の広場」と「集いの広場」の北に、木立に囲まれて「芝生広場」がある。それほどの広さはないが、開放感に溢れて清々しい。ところどころの木陰ではシートを広げてくつろぐ家族連れの姿もある。芝生広場は緩やかな起伏を伴っており、それが広場全体の印象に優しい表情を与えているようにも思える。

「あずまや」
芝生広場の北寄りに位置して、西洋の古代の祭殿を思わせるような円形の建物がある。何かのモニュメントであるのかとも思うが、公園のパンフレットにはシンプルに「あずまや」としか記されてはいない。その特徴的な意匠は「水の広場」とともにこの公園の象徴としての意味があるかもしれない。「あずまや」は周囲が階段状に高くなって設けられ、この階段部分は子どもたちの良い遊び場所にもなっているようだ。「あずまや」の屋根の下では高校生らしい女の子のグループが、何やらダンスの練習をやっている。それぞれの人たちがそれぞれに過ごす公園でのひとときは、見ていても心和むようで楽しい。

遊具
そのモニュメント風のあずまやの西側には子どもたちのための遊具を設けた一角がある。ブランコなどとともに大型の複合遊具も置かれており、子どもたちの遊ぶ姿がある。遊具は他では見られないような特徴的なものというわけでもなく、必要最小限に抑えられている印象もある。「子どもたちの遊び場」という性格は、この公園の主たる目的ではないのだろう。もちろん小さな子どもたちの遊び場としては充分なものだと思える。
せせらぎ
芝生広場の北側も小さな池が設けられ、そこからせせらぎが流れ出て、芝生広場の北東側の縁を廻って南へ辿っている。池もせせらぎも、もちろん人工的なものだが、適度に曲がって表情を与え、小さな橋なども架けられ、自然の小川を模した造りになっている。池の部分には「入らないで」との旨の注意書きがあったが、夏になればせせらぎは子どもたちの水遊びの場所になるのではないだろうか。暑い季節に小さな子ども連れで訪れる人は、着替えを一式用意してきた方がよさそうだ。
西側の散策路
公園の西端部分には、南北に散策路が延びている。この散策路の部分と「芝生広場」とは木立で遮られており、こちらの部分には子どもたちの姿はなく、公園とは別の遊歩道のような性格だ。公園の南北の道路を繋ぐ舗道としての役割もあるのだろう。散策路の脇にはところどころにベンチが設けられ、腰を下ろしてくつろぐ人の姿もあった。

また道路を挟んで北東側にも「四季の道」と名付けられた遊歩道や「語らいの広場」という一角が設けられている。道路によって隔てられているために別の小公園のような性格だが、のんびりと散策やひと休みするには良い場所であるかもしれない。
公園の周囲は基本的に市街地で、しかも相模大野駅北側の繁華街にも近いが、それだけに木立に囲まれて花々に彩られた公園の雰囲気はオアシス的な意味合いもあるだろう。相模大野の街のシンボルとしての公園であるのだそうだが、「花と水と緑」がテーマという相模大野中央公園はまさにその役割に相応しいものと言えるだろう。

行楽地的な性格はほとんどないが、相模大野の街へ買い物などに訪れた際に、立ち寄ってみるとよいだろう。特に小さな子ども連れであれば、買い物に飽きた子どもたちのために、公園で過ごすひとときがあるとよいかもしれない。子ども連れでなくても、陽気の良い時期であれば、ランチタイムを公園の木陰で楽しむというのは贅沢な休日の過ごし方であるに違いない。公園には駐車場は設けられていないが、近くの市営駐車場などが利用できるだろう。
相模大野中央公園