横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市高倉町
高倉公園
April 2015
高倉公園
八王子市高倉町の北端部、JR八高線北八王子駅のすぐ東側に、高倉公園という公園がある。南北に長い公園は13000平方メートルほどの面積を有し、北側には野球場が設けられ、南側はケヤキの樹林の中に遊具類を配した構成の公園だ。
高倉公園

高倉公園

高倉公園
高倉公園の南側を占めるのは高木の茂る広場だ。外縁部には桜もあるようだが、広場内で枝を広げるのはほとんどケヤキのようだ。ケヤキが疎らな林を構成し、その中にブランコや滑り台、砂場などの遊具が配されている。砂場の上に張り出すように藤棚も設けられている。敷地が比較的広いこともあって、遊具類は余裕を持って配置され、ゆったりとした印象だ。

訪れたのは四月の下旬、木々は新緑を茂らせている。曇り空のせいもあって広場内は少し薄暗い印象だが、天気が良ければ木漏れ日が美しいに違いない。初夏から夏にかけての日差しの強い季節には緑陰が快適だろう。土曜日の午後に訪れたのだが、あいにくの天気のせいか、広場の中に人の姿はなく、ひっそりとしていた。

北側の野球場では野球を楽しむ人たちの姿があった。これから試合を控えてメンバーが集まっているところのようで、先に来た人たちが練習中のようだ。野球場を囲むフェンスに八王子市教育委員会の名で「早朝野球禁止(午前8時45分以前)」との注意書きを記したパネルが取り付けられていた。例えば休日の朝、あまりに早い時刻から野球を楽しむ人たちの歓声が聞こえたのでは、近所に暮らす人たちにはやはり迷惑かもしれない。そうした配慮なのだろうか。

野球場西側の外縁部はイチョウの並木だ。イチョウも今は新緑の季節だが、秋になれば美しい黄葉が街路を彩るのだろう。
高倉公園は比較的広い公園だが、あくまで近隣に暮らす人たちのための憩いの場であり、子どもたちの遊び場としての役割を担うものだろう。遠方から訪ねてみたくなるような特徴はないが、日常的に使う公園として、緑溢れる佇まいはなかなか魅力的なのではないだろうか。北側の野球場は南側の広場とは異なる役割を担って、野球を楽しむ人たちにはよく知られているようだ。
高倉公園