横浜線沿線散歩公園探訪
町田市つくし野
つくし野貝がら児童公園
November 2017
つくし野貝がら児童公園
町田市つくし野の町の南東部、つくし野一丁目のほぼ中央部に「つくし野貝がら児童公園」という小公園が設けられている。木々に囲まれた広場を中心にした構成の小さな公園だが、その名が示すとおり、「貝殻」の形状をした遊具が特徴の公園だ。
つくし野貝がら児童公園

つくし野貝がら児童公園
つくし野貝がら児童公園はつくし野一丁目の町の一角、「つくし野一丁目」交差点と「つくし野駅前」交差点を繋ぐ道路沿いに設けられている。この道路は成瀬方面と長津田方面を繋いでおり、比較的交通量の多い道路だ。走る車の中から公園の木々や、その隙間に見え隠れする特徴的な遊具を見たことのある人もいるだろう。

公園は面積2000平方メートルをわずかに超える程度で、住宅地の中に設けられた小公園として一般的な規模だろう。「児童公園」と名にある通り、近隣の子どもたちの遊び場の役割を担う公園だと言っていい。公園は広場を中心に構成され、斜面の立地を活かして南側には段差を設けて花壇などが置かれている。

特徴的なのは、広場に置かれた遊具だ。中心に支柱を立て、その回りを螺旋になって滑り台が降りる形のコンクリート製遊具なのだが、それが巻き貝の「貝殻」の形をしている。薄いピンクに塗られた巻き貝形の遊具は、ひとつのオブジェのような存在感を放っていると言ってもいい。その名が示すように、この公園の象徴のような存在の遊具である。

巻き貝の貝殻の形をした遊具の他、園内にはブランコや鉄棒、砂場などの一般的な遊具や、金属製の複合遊具が設置されており、近くに暮らす子どもたちの日常的な遊び場として親しまれている印象だ。今回訪れた時(2017年11月)にも、何組かの園内には家族連れの姿があった。

広場の中央付近には公園のシンボルツリーのように大きなケヤキが枝を広げている。広場の外縁部にもさまざまな樹木が植栽され、園内は潤いのある景観だ。公園横の坂道は桜並木で、園内にも桜の木は多く、春には美しい景色を見せてくれる。
つくし野貝がら児童公園は近所に暮らす人たちのための憩いの場、特に子どもたちのための遊び場としての公園で、遠方から訪ねたくなるような特徴があるわけではないが、公園マニア、公園遊具マニアの人なら巻き貝の形をした遊具を見るだけでも訪ねる価値があるかもしれない。桜の季節ならつくし野の町で花見散歩を楽しむ際に立ち寄るのもお勧めだ。
つくし野貝がら児童公園