横浜線沿線散歩公園探訪
町田市つくし野
つくし野殿山ふるさとの森
October 2017
つくし野殿山ふるさとの森
町田市つくし野一丁目の北西端に近い辺り、「つくし野殿山ふるさとの森」という樹林地がある。町田市が自然保護などの保護を目的に設置している「ふるさとの森」のひとつだ。つくし野の住宅地の中に、緑濃い様相を保つ樹林地は貴重な存在だ。
つくし野殿山ふるさとの森

つくし野殿山ふるさとの森
「つくし野殿山ふるさとの森」は町田市が緑地景観や歴史的環境、自然環境の保護のために設置している「ふるさとの森」の一つだ。この緑地は約0.6haの面積を有する「つくし野殿山特別緑地保全地区」として「特別緑地保全地区」に指定されており、都市緑地法によって工作物の新築や土地の造成が制限されている。その緑地を「ふるさとの森」として一般開放しているものだ。

現地に設置された案内パネルによれば、「殿山」の名は“昔この地区の村を治めていた殿様の屋敷がこのあたりにあった”という言い伝えに由来するものだそうだ。この辺りはつくし野として造成される以前は「小川」地区の一部で、そもそも明治期以前は「小川村」だったところだが、“殿様の屋敷があった”のはもっと古い時代のことなのだろう。パネルには詳細は記されていない。

緑地は西が低く、東が高い緩やかな斜面となった立地で、そのほとんどを鬱蒼と木々の茂る雑木林が占めている。西側は成瀬街道の「南二小東」交差点と町田街道の「町屋原」交差点とを繋ぐ道に面し、狭いながらも草はらのスペースが設けられている。西側の道路に面した部分と、北東側の角部分に入口が設けられており、それを繋いで樹林の中を散策路が縫っている。緑地の最も高所になったところには平坦地があり、ベンチも置かれている。

樹林地の中を歩けば、つくし野の住宅地の一角であることを忘れる。ある程度は整備の手が加えられているようだが、それでも鬱蒼と茂る木々は野趣溢れる様相を見せる。この辺りが「つくし野」として造成される以前の風景を彷彿とさせるものだと言っていい。今は美しい住宅街だが、かつてはこうした山林の風景が広がっていたのだろう。その頃の面影を今に伝える、貴重な自然である。
「つくし野殿山ふるさとの森」は1haにも満たない面積で、その規模は決して大きくはない。昔からの自然を残す貴重な樹林地だが、あくまで近隣に暮らす人たちのためのものだと言っていい。特筆するような史跡などはないが、住宅地に残された樹林地というものに興味を持つ人なら、遠方からでも訪れる価値があるだろう。東急田園都市線つくし野駅から最短距離を選んで歩けば10分ほどで着く。
つくし野殿山ふるさとの森