横浜線沿線散歩公園探訪
相模原市中央区上溝〜陽光台
−道保川公園−
春の道保川公園
April 2012
春の道保川公園
相模原市中央区上溝の道保川公園は道保川の源流部に設けられた自然溢れる公園だ。湧水や小川を活かした公園は涼やかで爽やかな風情に満ちている。木々に包まれた公園で春の空気に包まれながらの散策は楽しい。残念ながら桜の木はあまり多くなく、“花見”に訪れる対象としては魅力的とは言えないが、公園南端部の管理事務所脇や中央部の四阿の周囲などで美しい桜を見ることができる。
春の道保川公園
管理事務所脇の桜はなかなか大きな木で、北側から見ると管理事務所を覆うように枝を広げて咲く姿が美しく、春の芽吹きを迎えた木々の中でよく目立つ。公園入口側から眺めるのもいいし、真下から見上げるのもいいが、目の前の池に張り出したデッキから池越しに眺めるのが最も美しいのではないかと思う。散策路脇に設けられたベンチで桜を眺めながら一休みするのも一興だ。

春の道保川公園
管理事務所横から散策路を北へ辿ってゆくと、公園中央部に設けられた四阿の周囲に数本の桜が咲く一角がある。遠くから眺めると園内の他の木々に混じって咲く姿が野趣に溢れて素敵だ。四阿の前は小広場になっており、それを囲むように四阿の周囲に桜が咲いている。“覆い尽くす”というほどの規模ではないが、春の景観としてなかなか魅力的だ。広場にはテーブル付きのベンチなども設置されており、春の景色を楽しみながらのアウトドアランチがお勧めだ。

春の道保川公園
桜の季節になれば、園内の小川も涼やかな印象に感じられる。まさに“水温む”季節である。小川の岸辺では雪柳が咲き、早々とシャガが花を咲かせているのも見かけた。見上げれば落葉樹は芽吹きの季節で陽光に映える新緑が美しい。桜の季節には桜の花にばかり目が行きがちだが、そうした春の気配を感じながらの散策も楽しい。自然に溢れた道保川公園はまさにそのような楽しみ方が相応しい気がする。
道保川公園横の桜並木
道保川公園の西側には道路が沿っており、公園駐車場が設けられているのだが、この道路が桜並木になっている。並木は公園の反対側の片側だけ、駐車場の辺りから北へ、長さは百数十メートルといったところだ。大木というわけでもなく、数もそれほど多くはないが、道路が適度なカーヴを描いているために並木に優美な表情があり、なかなか美しい景観を見せてくれる。歩道を歩けば片側には桜並木、反対側には公園の木々の緑が視界に収まり、素敵な春景色が楽しめる。この桜並木が道保川公園の園内に桜が少ない物足りなさを補ってくれるような気がする。

春の姥川田島橋付近
また、その桜並木の北端近くではすぐ東に姥川の流れが近づいており、川には田島橋という橋が架かっている。この橋の周囲の河岸にも桜が咲いている。これも河岸の片側だけで、距離も長くはないが、大きく枝を広げて川面に張り出して咲き誇り、見事な景観を見せてくれる。田島橋からの景観だけでも充分に楽しめるが、河岸の道を少し辿ってみるのも悪くない。川の下流側、反対側の河岸に真っ赤な花が咲いているのが見えるがハナモモだろうか。遠く小さく見えるだけだが、鮮やかな色彩が風景のアクセントになって美しい。
春の道保川公園は、公園自体の桜は少し物足りないが、横の道路の桜並木や田島橋周辺の桜なども併せれば、なかなか素敵な花見散歩が楽しめる。園内に花見の人たちの姿はほとんどなく、喧噪とは無縁の静かな春散歩が楽しめるのがいい。
春の姥川田島橋付近