横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市青葉区柿の木台
柿の木台第一公園
April 2004
柿の木台第一公園
横浜市青葉区柿の木台の住宅地のほぼ中央あたり、やや北寄りに「柿木台第一公園」がある。住宅地の中の小公園だが、木々に囲まれて穏やかな空気に包まれた公園だ。
柿の木台第一公園
公園は長方形の敷地で、やや勾配があり、南側には木々に囲まれた広場が、北側はやや下がって遊具や砂場など配した広場が設けられている。南側の広場は何も置かれていないスペースで、例えば地元のお年寄りのゲートボールの場所になったりするのかもしれない。北側の広場は砂場とブランコを置き、その東側の林の中に一般的な複合遊具が設置されている。特徴のある遊具ではないが、近所の暮らす小さな子どもたちの日常的な遊び場としては充分なものだろう。訪れたときにも、小さな子どもを遊ばせる若いお母さんの姿があった。

柿の木台第一公園
規模や設備の点では特筆するほどの公園ではないが、ケヤキやトウカエデなどの樹木が陰を落とす園内は穏やかな空気感があり、地元の人たちにとっては良い散歩コースであるのかもしれない。園内には八重桜の木も多く、訪れたときにはすでに盛りを過ぎていたものの、ところどころにまだ美しい花を残していた。八重桜が盛りを迎える時期はきっと美しい景観になることだろう。八重桜は時期を過ぎてしまっていたが、それに代わるように西側の散策路脇にツツジが咲き始めていた。
住宅地の中の小規模の公園だが、全体的に端正に整備されている印象があって気分がよい。地元の人以外にこのような住宅地の中を散策する機会は少ないと思うが、少し南へ行くと旧大山街道が通っており、醫薬神社やもえぎ野公園なども遠くない。小さな公園ながらトイレも設置されているから、そうした青葉区の公園や旧跡などを辿る散策などの際に一休みを兼ねて立ち寄ってみるのもよいかもしれない。時期が八重桜やツツジの花期であればさらに楽しめるだろう。
柿の木台第一公園