横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市松が谷
望地公園
April 1999
望地公園
松が谷地区の北東の隅に位置する公園で、それほどの広さはないが北側と東側に残る緑地部分の雑木林が魅力だ。公園の北側はバス通りだが、その通りに面した部分は雑木林の斜面になっており、木々の間にベンチなども設置されている。林の南側には芝生の広場があり、休憩所などもあるが、木立に囲まれてそれほどの開放感はない。代わりに程良く閉鎖された感じがかえって日常から離れた雰囲気を造っていると言えるかもしれない。

望地公園
広場の西側にはこんもりと盛り上がった小さな丘のような部分があり、その頂上には木を組んだオブジェのような遊具のようなものが置かれている。登ってみたが、それほど見晴らしが良いわけではない。子どもたちの遊び場としてのものだろう。この広場の北側の雑木林との境に当たる部分には桜の木が植えられている。春には美しい景観となることだろう。その広場から南に砂場や遊具の置かれた部分があって、ここもまた付近の子どもたちの遊び場となっているのだろうと思うが、訪れた時には子どもたちの姿は無かった。

公園の南東側にも緑地部分が残り、地形の起伏を利用して散策路が設けられている。苔むした散策路の様子は穏やかでよいものだ。見たところモミジの木も多いようで、秋には紅葉の穴場となるのかもしれない。紅葉のシーズンとなった時にも訪れてみたい。松が谷遊歩道の東側の起点からわずかに北に行った場所に位置するので、松が谷遊歩道を通っての松が谷の散策の際に立ち寄ってみるのもよいだろう。
望地公園