横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市松が谷
松が谷遊歩道
April 1999
松が谷遊歩道
八王子市松が谷の住宅街のほぼ中央を東西に貫く遊歩道がある。「松が谷遊歩道」という。松が谷地区南西側の商店街の傍らから、北東側の「山根入歩道橋」の傍らまでを繋ぐこの遊歩道、長さは1キロ弱といったところだろうか。松が谷地区は緑多い住宅街だが、この遊歩道はその象徴的存在と言ってもよいだろう。

松が谷遊歩道
松が谷の商店街の傍らから遊歩道を辿ると、すぐに大塚西公園に差し掛かる。右手に大塚西公園、左手にあるのは松が谷中学校だ。松が谷中学校の手前に北へと分岐する遊歩道があるが、これは「伊勢参り遊歩道」と名付けられており、バス通りを渡って大塚公園へと至る。

この辺りからしばらく、遊歩道の脇に小さな水路が沿う。やがて武蔵野幼稚園の横を通る頃には遊歩道は舗装された部分と水路に沿った石畳との部分とを植え込みによって隔てた構成になる。水路沿いにはベンチなども置かれており、一休みするにもいい。幼稚園の子どもたちの声もかえってのどかな印象で響くから不思議なものだ。水路の苔むした様子もいい。このあたりは片側(南側)が林になっていて、葉の茂る枝々が頭上に覆い被さり少し薄暗く、静かで穏やかだ。

水路が終わり、遊歩道が緩やかなカーブを描いた後、急にあたりは明るくなる。遊歩道はまっすぐになり、晴れた日には陽光が美しい。そのまま抜けると松が谷地区の北東の端に至り、「山根入り歩道橋」の傍らに出る。頭上には「多摩都市モノレール」の軌道が見え、建設中(1999年4月現在)の駅の姿が見える。「山根入り歩道橋」を渡ると大塚東公園だ。

松が谷遊歩道は車輌の通行する道路とは完全に分離されており、それ自体が公園として機能していると言ってもいいし、住宅街とその中に点在するいくつかの公園とを有機的に繋ぐ役割りを持っていると言ってもいい。行き交う人々の表情も穏やかなように思うのは気のせいだろうか。「多摩都市モノレール」が開通し、駅が開業すれば、この遊歩道の表情もまた変わるのかもしれない。
松が谷遊歩道