横浜線沿線散歩街角散歩
八王子市松が谷
松が谷の街
April 1999
松が谷高校横の舗道
八王子市のもっとも東側にあたる地域の一角に松が谷という区域がある。多摩市との市境に接し、「多摩センター」駅からも近い。「多摩ニュータウン」として造成された住宅街であり、町並みは整然としたものだが、本来この地にあった雑木林を巧みに残した街造りによって緑に溢れた区域として知られている。春から初夏へと季節が移りゆく時期、大小の公園を巡りながらこの松が谷の町を歩いてみた。
「多摩センター」駅付近から「多摩都市モノレール」の軌道を見上げながら北に向かって歩く。三本松陸橋の交差点まで来ると右手前方に木立の茂った場所が見えるが、そこが大塚東公園だ。大塚東公園も雑木林を残して緑溢れる公園だ。下の道路を走る車の音が少々うるさいのが難点だが、立ち寄ってみてもよいだろう。

松が谷商店街横の松が谷遊歩道起点
大塚東公園を北側へ抜け、「山根入歩道橋」を渡って松が谷地区に入るとすぐに松が谷遊歩道の東側の起点を示す銘板がある。大きな石に「松が谷遊歩道 さんぽみち」と書かれている。ベンチなども置かれた遊歩道で、緑溢れる松が谷の住宅街を象徴するものと言ってよい。そのまま遊歩道に沿って西へ辿ってもよいし、ちょっと北へ逸れて望地公園に立ち寄ってみてもよいだろう。

松が谷遊歩道を進むと、やがて舗道脇の木々に覆われて少々雰囲気が変わる。小さな水路も造られており、頭上の小枝からは野鳥のさえずりが聞こえてきて楽しく歩くことができる。武蔵野幼稚園の横を抜け、松が谷中学校の横に至ると、左手にあるのは大塚西公園だ。

大塚西公園のツツジ
大塚西公園も町並みにとけ込んだ静かで穏やかな公園だ。大塚西公園の奥には芝生の広場などもあり、それを取り巻くように雑木林がある。喧噪から離れた静かで穏やかな公園だ。林の中の散策路をちょっと歩いてみたり、ベンチで一休みするのもよいだろう。砂場やブランコなどを設置した広場は小さな子どもを連れた近所の若いお母さんたちで賑わっている。その広場の横は早春の梅が美しいところだが、この季節はツツジが見事な景観を見せていた。

大塚西公園の横で松が谷遊歩道に交差する別の舗道が北に伸びているが、これは伊勢参り遊歩道といい、辿って行くとバス通りを越えて大塚公園に至る。大塚公園は野球場やプール、テニスコートなども併設する大きな公園で、中央にはバードサンクチュアリとしての雑木林もあって野鳥観察を楽しむことができる。ここも静かでのんびりとした公園だが、運動広場から北に開けた眺望の開放感が良い。

松が谷高校前付近のイチョウ並木
大塚公園を一回りして松が谷高校付近を目指す。大塚公園から松が谷高校横前へ向かうこの道路はバス通りからさらに一本北側を通る道路で、このあたりでちょうど直線に伸びており、片側のイチョウ並木が美しい姿を見せてくれる。

この道路はそのまま松が谷地区の外周に沿うようにぐるりと回り込んで、東中野公園横を経てバス通りへと戻るのだが、散策を楽しむのであれば松が谷高校前の乳母が谷公園から乳母が谷遊歩道へと辿るのがよい。

乳母が谷公園は小さな公園だが、広場を取り囲む木々の姿が美しい。乳母が谷公園の横を通るのが乳母が谷遊歩道だ。乳母が谷遊歩道を進んで行くと間もなく東中野公園に着く。東中野公園は池や広場のある公園で、ここも緑に溢れている。

風返歩道橋
公園の中を散策した後、池の横の歩道橋を渡って松が谷の商店街に向かう。この歩道橋は「風返歩道橋」という。名の由来はわからないが、何とも素敵な名ではないか。

商店街は地元の人々のためのもので小さなものだが、スーパーもあるので飲み物などを調達するのには便利だろう。商店街の横には松が谷遊歩道の西側の起点部分があり、遊歩道を少し歩くと大塚西公園だ。

帰り道は再び松が谷遊歩道を歩いて「多摩センター」へと戻ってもよいし、商店街の前の「松が谷」バス停からバスを使ってもよいだろう。もうちょっと歩いてみたいという人には、松が谷高校横の舗道から「多摩ニュータウン通り」横の舗道へと降りて、さらに堀之内へと降り、大栗川沿いの散策を楽しむという方法もある。京王線の「堀之内駅」へも歩けない距離ではない。
松が谷地区は住宅街とは言え、その緑の多さがとても魅力的だ。桜並木の舗道も多く、桜の季節の散策も楽しめるものだろう。レストランなどは無いのでお弁当持参が良いだろう。大塚公園東中野公園でお弁当を広げてのんびりと一休みするのはお勧めだ。

地図で見ると松が谷地区の北方には「大塚」という地名や「東中野」という地名が存在する。松が谷地区も造成される以前はそれらの地域に含まれる場所だったのではないか。そのため、公園の名にそれらの名が残されているようにも思う。
松が谷遊歩道