横浜線沿線散歩公園探訪
多摩市落合
落合南公園
November 1999
落合南公園
落合三丁目の住宅街の中の公園で、性格としてもあくまで付近住民のためのものと言えるだろう。ほぼ南北に長い長方形の形の公園は「子供遊具広場」、「休憩散策広場」、「自由広場」と名付けられた広場によって構成されている。
落合南公園
公園の東側は落合南公園通りという道路に面しているが、南東の角からは一段低くなった道路を越えて遊歩道が向こう側へ繋がっている。道路の向こう側は多摩落合郵便局などのある小さな商店街に繋がっており、そこから入ってくるこの南東の角が公園のメインエントランスと考えて良い。ちょっとした時計塔のようなものが設置されたスペースで、この北側に「子供遊具広場」、西側に「休憩散策広場」がある。

「子供遊具広場」は砂場などのある小さな子供たちのための一角で、近所の人たちと思える子供連れのお母さんたちで賑わっていた。若いお母さんたちの社交場的な性格を兼ねた子どもの遊び場として、街にとけ込んだ小さな公園ではよく見かけるものだ。トイレもこの一角にある。

落合南公園
「休憩散策広場」は疎らな木立の落ち着いた一角で、その名の通り散策に向いているとも言えるが、あまり広くはない。ここにはフィールドアスレチック風の木製遊具が設置されており、こちらは「子供遊具広場」より少し年齢の高い子どもたちの遊び場としての性格もあるだろう。

この「休憩散策広場」の北側に「修景所」という場所がある。公園の西側は斜面となってバス通りを見下ろすように視界が開けているのだが、この「修景所」はいわゆる展望台で、石造りの円形のスペースは公園内の他の場所とは違った印象の意匠だ。傍らに植えられたモミジが赤く色づいて美しかった。新緑の時期や紅葉の時期など、ここで多摩ニュータウンの景色でも眺めながらのんびりと過ごすのも良いものかもしれない。

「自由広場」は公園の北側のほぼ半分を占める広場で、周囲を木立と散策路が取り巻いている。広場には何も置かれてはおらず、文字通りの広場だ。普段は閑散としているようだが、休日ともなれば子どもたちの走り回る姿が見られるのかもしれない。
落合南公園
特筆するほどの広さのある公園ではないが付近の人たちのための日常的な公園としては充分な広さと言えるだろう。これと言って特徴もないのだが、子どもたちの遊び場として、大人のくつろぎの場としてうまくバランスが取れていて好感の持てる公園だ。全体的な明るい雰囲気も良く、あまりゴミなども目につかなかった。遊ぶ子どもたちの笑顔とお母さんたちの談笑する姿は、この公園が「生きている」ことの何よりの証明と言えるだろう。駐車場は管理用として二台分ほどのスペースが用意してあり、事前に申し込めば一般でも利用できるようだが、実質は無いものと考えた方がよいだろう。

「子供遊具広場」に植えられたイチョウの木はまだそれほど大きくはないが、美しい黄色に染まっていたのが印象的だった。公園内には「休憩散策広場」や「修景所」などをはじめとしてモミジの木も何本か植えられており、この季節、公園全体が美しく色づいているようだった。
落合南公園