横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市鹿島
大塚東公園
April 1999
大塚東公園
雑木林の残る緑多い公園だ。そもそもこのあたりは「多摩ニュータウン」の造成がなされる以前は雑木林の丘陵だったのだろうと思うが、この公園は造成時に造られた新しい道路によって周囲から切り取られて残り、孤島のような形になっている。

北側は鹿島の住宅街に面していて、広くはないが芝生の広場があり、遊具類を設置した児童公園的な部分や、トイレなどが設置してある。その広場の南西側には雑木林が残されており、野鳥の声なども聞こえている。東側の階段を登ると丘の頂上にあたる部分に出るが、ここにも芝生の広場がある。東側の眼下に道路が通っているが、歩道橋で鹿島の住宅街と繋がっており、付近の人が散策を楽しむ姿を見ることもある。開放感はそれほど感じない広場だが、眼前の雑木林、特に広場の隅に残されたケヤキなどの大きな木々の姿は魅力的だ。

大塚東公園
その広場の北側の端には雑木林の斜面にせり出すように展望デッキのようなものが設置してある。木々に遮られて眺望が良いわけではないので、野鳥観察の目的のものだろう。そのデッキの傍らに、雑木林の中に分け入ってゆく小道がある。土がむき出しの小道で、山道のような風情だが、それがまたよい。

小道を降りて行くと公園の西側に出るが、こちら側は「多摩センター」駅付近と野猿街道付近とを繋ぐ道路に面していて、車の騒音なども響き、お世辞にものんびりとくつろぐ雰囲気ではない。舗装された散策路もあるが、公園を散策する人よりただ通り抜ける人々の姿が多いようだ。

公園の西北部の角は「山根入歩道橋」に繋がり、それを渡ると松が谷地区で、そのまま松が谷遊歩道の東側の起点へと至る。ここはまた「多摩都市モノレール」の路線にもあたり、「山根入歩道橋」の松が谷側の傍らには1999年4月現在、駅の建設が進められていた。

雑木林の残る緑の多い姿は魅力で、のんびりとした雰囲気もあるのだが、残念ながらすぐ間近の道路を走る車の騒音が頂上部の広場にもけっこう聞こえてきて、決して静かではない。緑の多い松が谷の散策に訪れた際、「多摩センター」からこの公園に立ち寄り、「山根入歩道橋」から松が谷へ入るというのがよいだろう。
大塚東公園